車いすの乗り入れの手順(降車時は逆の手順となります)

乗り入れ操作も簡単で、介護する人も、より楽々。
運転席にまわらなくても操作できるよう、電動ウインチの主電源スイッチを後ろに配置。

STEP 01
車いす乗員の空間をつくる

ヘッドレストを下げてから後席を倒します。パーテーションボードを取り外し、前席背面のポケットへ。

乗車の操作手順 1
乗車の操作手順ポイント1
乗車の操作手順 1

STEP 02
乗り入れの準備をする

荷室の床を引き起こせば、そのままスロープに早がわり。手すりと固定ベルトをセットして準備は完了です。スロープは最後まで引き出してください。

乗車の操作手順 2
乗車の操作手順ポイント2
乗車の操作手順 2

STEP 03
ウインチで車いすを車内へ

電動ウインチでラクラク乗り入れ。操作リモコンは、車いすの押し手にセットして使うことができます。

乗車の操作手順 3
乗車の操作手順ポイント3
乗車の操作手順 3

ウインチベルトを引き出します

主電源スイッチをオンにし、
ベルトフリースイッチを
約1秒間長押しします。

乗車の操作手順 3

ウインチベルトを引き出し、
車いすの前輪部のフレームや
フック受けに掛けます。

乗車の操作手順 3

フック受けのない車いすの場合は
前輪側のフレームに掛けてください。

乗車の操作手順 3

STEP 04
出発準備を完了させる

車いすを乗り入れます

車いすが乗り入れ停止位置のところにきたら、
リモコンの「入」スイッチから指を離し、
電動ウインチの作動を停止させます。

乗車の操作手順 4

車いすの前輪が車止めの3〜5センチ手前にきたときが停止位置の目安です。
また、車体に書かれた青い▲マークも停止の目安としてご使用ください。

乗車の操作手順 4

車いすを固定します。

固定ベルトを車いす後輪部のフレームや
フックに掛け、たるみのないように調整します。
リモコンの「入」スイッチを再度押し、
車いすが固定されていることを確認します。
車いすのブレーキを掛けます。

乗車の操作手順 4

車いすを固定し、シートベルトを装着*。スロープのロックはノブを引いてから倒すだけです。

乗車の操作手順 4
乗車の操作手順ポイント4
乗車の操作手順 4

【シートベルトの装着について】

車いすの固定を確認したら、専用の3点式ELRシートベルトを着用します。腰ベルトは、腰骨のできるだけ低い位置に通してください。肩ベルトは肩から腰に密着するように通します。シートベルトは取扱説明書をご覧ください。

乗車の操作手順 シートベルトの装着について

乗車/降車手順の動画

N-BOXスロープ仕様 車いす操作手順 乗車編

N-BOXスロープ仕様 車いす操作手順 降車編

安全にご乗車いただくために

車いす選びのポイント

  • ● ヘッドレストが付いている。
  • ● シートベルトが正しい位置に掛けられる。
  • ● ウインチベルトと固定用ベルトのフックが掛けられる。
  • ● 車いすの種類・タイプ等により、乗車できない場合もあります。
  • ● 車いすご利用の方の乗降は、介助する方が安全に心がけ確実に行ってください。
  • ● スロープは水平で平坦な路面でご使用ください。
  • ● スロープの耐荷重は200kgです。「車いす+車いすご利用の方+介助する方」の合計重量が200kg以下であることをご確認ください。
  • ● 安全のため、車いすご利用の方もシートベルトを必ず着用してください。
  • ● 発進前に再度、車いすが確実に固定されているか、ご確認ください。
  • ● スロープの展開は、接地するまで手を放さないでください。
  • ● スロープの操作は周りに十分注意して行ってください。
  • ● 長時間のドライブや悪路での走行は、車いすご利用の方にとってご負担となる場合があります。

■ 車いすのサイズ・形状によっては積めない場合があります。

■ シートアレンジ、スロープの各操作は、異物をはさんでいないか確認の上、無理な力をかけず確実に行ってください。

■ 動画の車両は試作車のため、一部仕様が異なることがあります。

■ 車いすは撮影のため用意したものです。