MENU

HONDA

検索
2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会 report
日時:2013年10月23日(水) 9:30~10:00

2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦
日本グランプリ 壮行会

Hondaウエルカムプラザ青山では、10月25日(金)よりツインリンクもてぎで開催される「2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ」を前に、Hondaのワークスチーム「Repsol Honda Team」のライダーを迎え、壮行会を開催しました。

当日は、8:00から入場整理券を配布。朝早くからたくさんの方にお越しいただき、世界のトップライダーに対する注目の高さがうかがえました。また、会場にはMotoGPワークスマシンである「RC213V」を展示し、こちらも大変好評でした。

2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会 2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会

世界のトップライダーがUNI-CUBに乗って登場

ファンの皆さまでほぼ満員となった会場に、ダニ・ペドロサ選手、マルク・マルケス選手が登場。Hondaのパーソナルモビリティー「UNI-CUB」に乗って現れるというサプライズもあり、大歓声の中で両選手をお迎えしました。

選手を紹介したあと、今回のレースに向けたお話をうかがいました。日本グランプリを2連覇中のペドロサ選手は「ツインリンクもてぎは、エキサイティングなコーナーが多く、大好きなサーキットです。レースを楽しみにしています」と得意のコースでの戦いが待ちきれない様子。マルケス選手も「(今年から乗り始めた)MotoGPマシンにも慣れてきて、アグレッシブなレースを見せられると思います。台風が去ってくれるといいですね」と、自信の程をみせていました。

2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会 2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会

ASIMOから応援メッセージ

さらに、2人を応援する特別ゲストとして、Hondaのヒューマノイドロボット「ASIMO」が登場。実は、ASIMOに用いられている技術は、MotoGPマシンの電子制御システムに応用されており、マルケス選手も「Hondaの最新技術が、レースでの転倒を防いでくれていて、とても心強いです」と効果を感じているようでした。

そして、ASIMOが両選手の母国語であるスペイン語を交えて、週末のレースに向けたメッセージを披露。会場は和やかな雰囲気に包まれました。ペドロサ選手は、ASIMOと10年ぶりの再会とのことで、新型ASIMOを見て「以前よりも小さくなって、進化していることに驚いています」と、その成長ぶりに感心していました。

2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会 2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会

決勝での健闘を誓ってツインリンクもてぎへ

イベントの最後には、両選手とRC213V、ASIMOがステージ上に並び、記念撮影タイムを設けました。ほかではなかなか見られないASIMOとMotoGPライダーが並ぶ光景を逃すまいと、会場の皆さまは一心不乱にシャッターを切っていらっしゃいました。

最後に、両選手の日本グランプリに向けた意気込みをうかがいました。ペドロサ選手が「いつも日本のファンの皆さんからの熱い応援をうれしく思っています。皆さん、ぜひもてぎに来てください」とコメント。マルケス選手は「攻めの走りでエキサイティングなレースをお見せします」と健闘を誓っていました。

締めくくりには、恒例のプレゼント抽選会を開催。お二人のサイン入りキャップという豪華なプレゼントで、会場はおおいに盛り上がってイベントのフィナーレを迎えました。

2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会 2013 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第17戦 日本グランプリ 壮行会

世界をリードする選手のお話をうかがえる、貴重な時間を過ごせました。週末のレースでは、Repsol Honda Teamのペドロサ選手、マルケス選手へのご声援を、よろしくお願いいたします!

このページの先頭へ