MENU

HONDA

検索
人とバイクの技術展
日時:2013年6月14日(金)~

人とバイクの技術展

Hondaウエルカムプラザ青山では、3月29日(金)から「人とバイクの技術展」を開催しています。

6月14日(金)からは、CO2削減と排出ガスのクリーン化の技術として、電子制御による燃料噴射装置「PGM-FI」に加え、「スーパーカブ110」と「NC700」シリーズのエンジンを紹介します。

二輪車は私たちの生活に大きな利便性や楽しみを与えてくれます。その二輪車が交通社会の一員として社会に適合していくため、Hondaでは利便性と快適性をより高める研究とともに、安全や環境に対しても数多くの取り組みを行っています。

今回は、PCXに搭載されているPGM-FIのシステムモデル、スーパーカブ110とNC700シリーズのエンジンカットモデルの展示を通して、CO2削減と排出ガスのクリーン化の技術の紹介を行います。

二輪車に乗る喜びをいつまでも保ち続けるために、社会と自然との調和を図っていく。そのためのHondaの取り組みと二輪車のメカニズムを、ぜひHondaウエルカムプラザ青山でご体験ください。

※PGM-FI(Programmed Fuel Injection)…電子制御による燃料噴射装置。大気の状態やエンジン回転数などから、コンピューターが常に理想的な燃料の使い方をコントロールするシステムです。燃料を最適な量とタイミングで供給するので、エンジンのパフォーマンスを効率よく引き出します。
※PGM-FIはHondaの登録商標です。

スーパーカブ110のエンジンカットモデル NC700のエンジンカットモデル
スーパーカブ110のエンジンカットモデル NC700のエンジンカットモデル

開催概要
■期間 6月14日(金)~6月27日(木)
■展示内容
CO2削減と排出ガスのクリーン化の技術:
PCXのPGM-FIシステム
スーパーカブとニューミッドコンセプトシリーズの700cc2気筒エンジン

※第7回目以降の展示内容につきましては、随時ご案内いたします。
※展示内容は、予告なく変更される場合があります。ご了承ください。

PGM-FIは、二輪・四輪・汎用問わず、多くのHonda製品に搭載されています!

このページの先頭へ