MENU

HONDA

検索

「CB」誕生60周年記念イベント
「CBと駆け抜けた時代」・スペシャルトークショー

2019年6月16日(日)

Honda ウエルカムプラザ青山では、6月16日(日)に、「CBと駆け抜けた時代」をテーマにしたスペシャルトークショーを開催しました。「ホンダ ベンリィ CB92 スーパースポーツ」の誕生60周年を記念したもので、館内では同じテーマの特別展示も行われていて、フォトグラファー原富治雄氏のCB写真や歴代のCBシリーズの車両を見たり、車両に実際にまたがってライダー気分を味わったりすることができました。

トークショーのMCは、元Hondaワークスライダーで現在はモータージャーナリストとして活躍されている宮城光氏が務めました。ゲストとして、フォトグラファーの原氏、アイドルとして活動後はオートバイ女子としても知られるタレントの梅本まどか氏、さらに本田技研工業の二輪事業本部事業企画部・坂本順一氏がステージに登壇しました。

最初の話題は、先日9日(日)に、ツインリンクもてぎで開催されたCBオーナーズミーティングでした。CBシリーズのオーナーならだれでも参加できる恒例のイベントとして定着し、プロカメラマンによる愛車とのフォトセッションやサーキットでの走行など、さまざまなプログラムが行われ、CBオーナー同士の交流も楽しめるもの。天候に恵まれなかったとはいえ、この日は800人のオーナーが参加されたとのことでした。宮城氏と坂本氏が写真を見ながら振り返りっていたところ、梅本氏は「行きたかったです!私もCB乗りなので」と今後の参加を意気込んでいました。

続いて、館内の展示を紹介していきます。中央に設置された原氏のCB写真のパネルや、モニターに映し出されたこれまでの撮影写真について触れ、被写体としてのモータースポーツや、バイクの魅力について尋ねられた原氏は、「二輪は乗っている人の感覚が表現できれば。四輪の場合は面が多いですが、二輪の場合は(エンジンとフレームの間など)光が透き通って入ってくる感じが撮っていて楽しいです。『鉄と心とふれあいと』では、1号から400台を連載。(モータースポーツの)オフシーズン中に撮っているのが楽しくて、気づいたら30年続けていました」と答えました。

CBオーナーの一人でもある梅本氏は、愛車「CB400 SUPER FOUR」について「初めて買ったバイクです。またがった感じ、音も聞いて『このバイクいいかも』と一目惚れ。アイドル時代は乗れなかったので、3、4年はペーパードライバーでした。バイクは自分の相方みたいな感じ。このバイクとだったら、どこにも行けると思うところが好きです。安全に運転すれば怖くない。チャレンジもさせてくれます」と語りました。原氏の作品については、「見ていると乗りたくなります。自分の知らない愛車のかっこよさがあるんじゃないかと思うので、一度原さんに撮ってもらいたいです!」と感想を語ったところ、原氏からの撮影アドバイスが寄せられたうえ、撮影の約束まで取り付けていました。

そして、歴代のCBシリーズを写真とトークで振り返りました。CBシリーズの一覧が映し出されると、宮城氏は「あれ乗った!あれ持ってた!」と指さす場面も。会場に訪れたファンの方々もスマホやカメラを取り出し、一斉に撮影タイムとなりました。「ホンダ ベンリィ CB92 スーパースポーツ」誕生から今年は60周年の節目ですが、「ホンダ ドリーム CB750 FOUR」誕生50周年、「ホンダ CB750F」誕生40周年など、CBシリーズの節目の年と言ってもいいくらい、魅力的な車両の特徴が紹介されていきました。

あっという間に時間は過ぎ、締めの挨拶の時間に。原氏は昔のHondaの広告を紹介し、「乗り手の気持ちが分かっているメーカーでないと、こういう表現(『だから、旅する。』のキャッチコピーで連載)ができないと思います。マシンが相棒という、オーナーと同じような感覚を持って一緒に旅をする。本当にすばらしい。70年代の広告だと思いますが、色あせない感覚に憧れます」と語っていました。

梅本氏は「生まれる前からのバイクを時代の流れと一緒に見させていただいて、こんなに進化しているんだとあらためて感じました。この先のバイクも、これから私はどんなバイクに乗るんだろうと楽しみです。これからも触れていきたいです」とCBへの熱い思いを寄せました。坂本氏は「個人的には、世界中にCBというブランドを使って知っていただくために、次のCBをと思っています。新しいチャレンジだと思います」と語ったところ、宮城氏に「今日会場に来られた方だけのための話を」と振られ、坂本氏が個人的に欲しいバイクの話でまとめました。

なお、「CBと駆け抜けた時代」展は24日(月)までの開催、次回のCBオーナーズミーティングは、鈴鹿サーキットにて9月29日(日)に開催される予定です。

ウエルカムプラザ青山に巨大なクルーザーの展示も

この日、ウエルカムプラザ青山の玄関前には、6月10日(月)に発売された船外機 BF250新タイプを搭載したクルーザーの展示もあり、通りがてらクルーザーの撮影をする方や、その内部を見学する方がいらっしゃいました。(展示は18日(火)で終了)

ウエルカムプラザ青山トップ > イベント一覧 > 「CB」誕生60周年記念イベント 「CBと駆け抜けた時代」・スペシャルトークショー