MENU

HONDA

検索

2019 Honda F1 キックオフミーティング イベントレポート

Hondaウエルカムプラザ青山では、2019年3月9日(土)に、ファンイベント「2019 Honda F1 キックオフミーティング」を開催しました。

当日は、山本雅史Hondaモータースポーツ部長、田辺豊治Honda F1テクニカルディレクターのほか、Red Bull Toro Rosso Hondaのダニール・クビアト選手、アレクサンダー・アルボン選手、フランツ・トスト チーム代表、Aston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペン選手、ピエール・ガスリー選手、クリスティアン・ホーナー チーム代表、さらにはRed Bullのヘルムート・マルコ モータースポーツアドバイザーが登壇。モータースポーツの最高峰で活躍する豪華なメンバーによる、トークショーを開催しました。

2チームへのPU供給が始まるシーズンを記念して、会場の正面にはHonda F1 第1期から第3期の初優勝マシンと、現行のパワーユニット(PU)時代のマシンを展示。開幕へ向けたワクワク感が高まる中で、イベントがスタートしました。

第1部は、山本部長、田辺TD、トスト、ホーナー両代表に、マルコ氏を加えたマネジメント陣によるトークショー。山本部長からは、今季のF1活動にかける熱い想いが語られ、会場からは大きな拍手が沸きました。さらに、Red Bullとの提携を検討し始めるきっかけとなった山本部長とマルコ氏の会談は、レース関係者の目を避けるために、サーキット近くのファストフード店で行われたという秘話が飛び出すなど、興味深い話が続々と披露されました。

そして、いよいよ第2部では4名のドライバーが登場。ライブ中継用のカメラにサインをして入場した各ドライバーは、開幕前テストの手応えやオーストラリアでの初戦に向けた展望を語ってくれました。クビアト選手が「テストでは課題をたくさんクリアできたので、期待してください」とコメントするなど、どの選手も非常にポジティブな発言が多く、順調な様子が伝わってきました。

さらには、カーナンバーの由来や、日本についての印象なども語られ、非常に和やかな雰囲気で話が進みます。4人のドライバーがそれぞれの話に反応して話題が広がるなど、仲の良さが伝わってきました。そして、トークショーの後半では、ファンからの質問にも答えてくれました。「ドライバーになっていなかったら、何の仕事をしていたか?」という問いには、フェルスタッペン選手から「eSports(TVゲームの大会)の選手になっていたかも」という意外な回答があるなど、普段はなかなか見られない一面が表れていました。

最後は各選手から今季に向けた決意と、ファンの皆さんへの感謝が語られ、イベントはフィナーレへ。ゲストとお客さまでの記念写真を撮影し、最後はトスト代表から日本語での挨拶があるなど、終始明るいムードのイベントとなりました。

オーストラリアGPの決勝は3月17日(日)。当館でパブリックビューイングも開催しますので、皆さまぜひお越しください!


※下の画像をクリックすると拡大表示されます。 画像拡大後、右クリック「画像を保存」で今回撮影した記念写真をダウンロードしていただけます。

ウエルカムプラザ青山トップ > イベント一覧 > 2019 Honda F1 キックオフミーティング イベントレポート