MENU

HONDA

検索

2018 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ
第16戦「MOTUL 日本グランプリ ファンミーティング」

2018年10月16日(火)

Hondaウエルカムプラザ青山では、ツインリンクもてぎにて、10月21日(日)に開催される「2018 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」に参戦する、Repsol Honda Teamのマルク・マルケス選手と、ダニ・ペドロサ選手、LCR Honda CASTROLのカル・クラッチロー選手、LCR Honda IDEMITSUの中上貴晶選手、さらにHRCレース運営室の桒田哲宏(くわたてつひろ)室長と、LCR Hondaチームのルーチョ・チェッキネロ代表をゲストに迎えて、ファンミーティングを行いました。

当日の司会はHondaスマイルと、モータースポーツ実況でおなじみのピエール北川さんが担当。ゲストと一緒に現地実況さながらにイベントを盛り上げてくれました。

今回のイベントは、日本GP前、豪華ゲストとあってウエルカムプラザ青山はMotoGPファンで超満員。イベント開始前から館内に展示したRepsol Honda RC213V(#26)マシンの展示や、ホイール、マフラー、カウルなどRC213Vのパーツを触って体感できる展示を楽しんでいただけました。

15時になると、いよいよライダーが登場。まずはLCR Hondaチームのクラッチロー選手、中上選手が2Fから登場。大きな声援とともにファンの間を通って登壇しました。そして、ルーチョ・チェッキネロ代表も登壇してトークがスタート!

クラッチロー選手は初めての青山に訪れたとのことで「青山のファンに会えてうれしい」と一言。ファンも皆さまのためにも、Hondaのホームレースに全力で挑むと意気込みを語ってくれました。

さらに「昨年も雨の中、多くのファンが応援してくれたのでパワーをもらっています! 日本人のファンは世界で一番素晴らしい」とコメントしてくれました。

中上選手は、まず2019年度もLCR Hondaチームから参戦することをファンの前で発表。MotoGPライダーとなって挑む、週末の日本GPはレース人生で一番楽しみと話すなど、一年ぶりのもてぎ、日本ファンの前で走ることにワクワクしているようでした。

チームメートのクラッチロー選手については、ライディングの先生だと思っているとのことで、いろいろ学んでいるとのこと。アットホームなチーム環境にとても感謝しているそうです。

チェッキネロ代表も今年から2台体制になって充実したシーズンを送っているとのこと。チーム全体で考えて、ライダーもいろいろシェアしながら切磋琢磨している環境はすごくいいと話してくておりました。

「日本GPはタフなレースになると思うけど、中上選手にはトップ10を、クラッチロー選手にはぜひ表彰台に上がってほしい」と話し、会場のファンから期待の込められた大きな拍手が送られました。

続いて、Repsol Honda Teamが登場。大歓声のファンの前で、まずは、なりきりMotoGPライダー(フルバンク体験)でタンデムライド。貴重なシーンを見せ、ファンの皆さまをいきなり楽しませてくれました!

まずはマルケス選手は、日本語で「こんにちは」とファンにあいさつ。自身にとってもタイトルのかかった重要な週末ですが、日本ファンの応援を楽しみにしながら順調に準備を進めていると話してくれました。

日本GPでは「Hondaにとって重要なレースということは心掛けながら、まずはいつも通り一つひとつにベストを尽くして、100%以上の力で臨みます」と力強くコメントしてくれました。

ペドロサ選手は週末に大好きなサーキット、大好きな日本ファンの前で走れることがうれしいとのこと。過去2年間の日本GPでは、ケガもあったりといい思いをすることができなかったので、今シーズンこそは、ファンの皆さまの期待通りの走りをして、2015年に優勝したときみたいに、“サムライ”のポーズをしてレースを終えたいと意気込みを語ってくれました。

HRCレース運営室の桒田(くわた)室長は、日本GPはホームなのでとてもプレッシャーがかかるとコメント。だけど、多くのファンが温かい応援をしてくれるので、その期待に絶対答えたい、いい成績を残したいと奮起するとも話してくれました。

ライダーの2人には、いつも通り勝利を目指して日本GPを走ってほしいとコメント。さらには、Hondaのホームレースなので、Hondaライダーで表彰台を埋めるつもりで走ってほしいと話し、会場からは大きな声援が送られました。

チームごとのトークショーの後は、ファンの皆さまからの質問コーナー。会場の皆さまやSNSを通して募った質問にライダーが答えてくれました。会場に訪れた、ポケバイを始めたという6歳のお子さまの「どうやったら速く走れますか?」という質問にはライダー全員からアドバイスが。その後、彼はマルケス選手に手を引かれて壇上にのぼり、Hondaライダーたちと一緒に記念撮影するサプライズもありました。

質問コーナーの後には、改めてライダーから日本GPへの意気込みをファン前で語っていただきました。それにファンも応えるように、期待が込められた大きな拍手が送られました。

イベントの最後には会場の皆さまと一緒にじゃんけん大会を開催! 今回のプレゼントは、4人のサイン色紙セットに加えて、マルケス選手、ペドロサ選手、クラッチロー選手、中上選手それぞれのサインが入った、各選手のレプリカヘルメット! 超豪華な賞品に最後まで白熱したじゃんけんバトルが繰り広げられました。


※下の画像をクリックすると拡大表示されます。 画像拡大後、右クリック「画像を保存」で今回撮影した記念写真をダウンロードしていただけます。

ウエルカムプラザ青山トップ > イベント一覧 > 2018 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ 第16戦「MOTUL 日本グランプリ ファンミーティング」