MENU

HONDA

検索
ウエルカムプラザ青山トップ > イベント一覧 > 2016 F1™ 開幕戦オーストラリアGP パブリック・ビューイング
EVENT REPORT

2016 F1™ 開幕戦オーストラリアGP
パブリック・ビューイング

2016年3月20日(日) 13:30~

Hondaウエルカムプラザ青山では、FIA フォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1) オーストラリアGP決勝レースのパブリック・ビューイングを開催しました。

■レース開始前からファンの熱気が
イベント当日は朝早くから大勢のファンが集まり注目の高さが感じられました。ウエルカムプラザ青山では、そんなファンの皆さまに、より楽しんでもらうため、館内をF1一色に。2015年型の「McLaren-Honda MP4-30(ショートノーズ)」やHondaパワーユニット「Honda RA615H」の展示をはじめ、今シーズンからMcLaren-Hondaのテスト兼開発ドライバーを務める松下信治選手の紹介パネル、歴代の日本人F1ドライバーが乗ったマシンの展示など、館内は特別装飾となりました。

また、館内モニターではMcLaren-Hondaの2015年シーズンの振り返りや、今年のマシン、チーム体制の解説も実施。レース開始時間が近づくと館内は、2016年シーズンの始まりを待ちきれないファンの皆さまの熱気に包まれました。

そして、いよいよレース開始。2016年シーズンの開幕に会場は大きな盛り上がりをみせました。レースでは、途中フェルナンド・アロンソ選手が大クラッシュに遭い、ヒヤッとする場面はありましたが、手を振るアロンソ選手が中継に映ると会場から安堵の声があがりました。その後は、ジェンソン・バトン選手が粘り強い走りで14位完走。ポイントこそは獲得できませんでしたが、その走りに会場から大きな拍手があがりました。