NEW

Style 06

PHOTO
GRAPH

Today's Guest

Naoko Uchida

chiaoking

写真とわたし。
写真はわたしにたくさんのことを教えてくれる。
自然の素晴らしさ、生き物の美しさ。
花びらが舞い落ちる瞬間や、動物の些細な表情の変化。
目に映るその一瞬を切り取り、形にする。
それだけではない。
写真は薄れかかった記憶を再現する。
その時、自分が
何を感じ、誰と共に経験したのか。
全てを鮮明に思い出す。
二度と来ないその一瞬を永遠に。
今日もわたしはシャッターを切る。

#お花見 #河津桜 #ホーストレッキング
Style 05

Play with SNOW

Today's Guest

SAYURI

sayuvanilla318

山の雪景色は、すばらしい。
目の前に広がる白銀の世界。
雪が音を吸い込み、静寂に包まれる。
息は白く、空気が澄んでいる。
美しい山稜、霧氷のついた木々。
あたたかい格好をして、雪原を歩いてみよう。
柔らかな新雪を踏みしめ、手ですくう。
気がつけば、童心に返る自分がいる。
雪遊び、たのしい。

#スノーシュー #雪遊び #winter
Style 04

SURF TRIP

Today's Guest

YUUMI

yuumi_seimiya

耳を澄ませて波の音を聞く。
風が潮の香りを運んでいる。
砂浜を歩きながら、目の前に広がる壮大な海を眺めると
心が洗われるような気持ちになる。

ただ眺めているだけでは勿体ない。
自然ともっと触れ合いたい。
その願いを叶えてくれるサーフィン。
多くの人が魅了されるスポーツ。

サーフィンを通じて春夏秋冬、海と向き合う。
穏やかな時もあれば、荒れ狂う時もある。
日が昇り落ちるまで、海で一日中過ごす休日。
自然と一つになれる喜びを感じよう。

#surf #sea #sunset
Style 03

OUTDOOR
YOGA

Today's Guest

AKANE

satomiakane

ヨガは好き?と聞かれたら
わたしは好きと答える。
特に森林の中でするヨガは格別だ。
目を瞑って、自然の中で深く深呼吸をする。
息をゆっくりと吸って、静かに吐く。
これだけで心が穏やかになり、緊張がほぐれる。

ポーズをとると、徐々に身体が温まってくる。
左脳が休まり、右脳が活性化することを感じる。
疲れからの解放で、心も体も健康に。

ヨガはサンスクリット語の“結ぶ・つなぐ”が語源。
自然と一体になれるよろこび。
森林ヨガをあなたもきっと好きになる。

#yoga #healthy #relax
Style 02

CAR
PICNICwith BABY

Today's Guest

MOYA

moyamoya2121

育児や家事に忙しい毎日だからこそ、
たまにはリフレッシュするために出かけよう。
晴れた日にピクニックなんて最高。
クルマのまま乗り入れできるオートキャンプ場なら、
荷物が多いママでも心配なし。

わたしだけの息抜きかって?いいえ。
少し言い訳みたくなっちゃうかもしれないけれど、
我が子に自然と触れ合ってもらうこともできる。
まだ歩けなくても草の上に座って、
葉っぱや土に触れ、小さな花を見て、
木々の匂いを嗅ぎ、鳥のさえずりを聞き、
旬の食べ物を味わうことで、五感が育つはず。

美味しい旬のご飯を外で食べて、
親子ともに感性を磨くことができる特別な休日。
笑顔の絶えない、ちいさな冒険のはじまり。

#子連れ #旬の味 #ちいさな冒険
Style 01

VANLIFE

Navigator

YURIE

yuriexx67

自由気ままなひとり旅。
何に縛られることなく、誰に気を遣うこともなく、
思いつきで、一日中好きなことができる。

読みかけの本を読んでもいいし、
昼寝してもいいし、
書きためていたウィッシュリストのどれかを実行してもいい。
何もせず、ぼーっとするだけでもいい。

何をするにも、自由だ。
予定がないって素晴らしい。

素の自分と向きあえる、とことん自由でわがままなひとり旅。
さぁ、鍵を握りしめて出かけよう。

#富士山 #ひとり旅 #自由

VANLIFE
クルマと旅する、それぞれの休日

“少しの工夫で、
クルマと過ごす休日をもっと楽しもう。”

様々なライフスタイルを持ったゲストと共に、
YURIEが旅をします。

旅を通して彼女達の日常を垣間見ることで、
楽しみ方のヒントが見つかるはずです。

あなたなら、どう過ごしますか?

Navigator

YURIE

yuriexx67

安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。
最大積載量を超えない範囲でご使用ください。
積載物がドライバーの視界を遮らないようご注意ください。

VANLIFE
クルマと旅する、それぞれの休日

VANLIFE
クルマと旅する、それぞれの休日

“少しの工夫で、
クルマと過ごす休日をもっと楽しもう。”

様々なライフスタイルを持ったゲストと共に、
YURIEが旅をします。

旅を通して彼女達の日常を垣間見ることで、
楽しみ方のヒントが見つかるはずです。

あなたなら、どう過ごしますか?

Navigator

YURIE

yuriexx67

NEW Style 06

PHOTOGRAPH

写真とわたし。
写真はわたしにたくさんのことを教えてくれる。
自然の素晴らしさ、生き物の美しさ。
花びらが舞い落ちる瞬間や、動物の些細な表情の変化。
目に映るその一瞬を切り取り、形にする。
それだけではない。
写真は薄れかかった記憶を再現する。
その時、自分が
何を感じ、誰と共に経験したのか。
全てを鮮明に思い出す。
二度と来ないその一瞬を永遠に。
今日もわたしはシャッターを切る。

#お花見 #河津桜 #ホーストレッキング

Today's Guest

Naoko Uchida

chiaoking

Read More

NEW Style 05

Play with SNOW

山の雪景色は、すばらしい。
目の前に広がる白銀の世界。
雪が音を吸い込み、静寂に包まれる。
息は白く、空気が澄んでいる。
美しい山稜、霧氷のついた木々。
あたたかい格好をして、雪原を歩いてみよう。
柔らかな新雪を踏みしめ、手ですくう。
気がつけば、童心に返る自分がいる。
雪遊び、たのしい。

#スノーシュー #雪遊び #winter

Today's Guest

SAYURI

sayuvanilla318

Read More

Style 04

SURF TRIP

耳を澄ませて波の音を聞く。
風が潮の香りを運んでいる。
砂浜を歩きながら、目の前に広がる壮大な海を眺めると
心が洗われるような気持ちになる。

ただ眺めているだけでは勿体ない。
自然ともっと触れ合いたい。
その願いを叶えてくれるサーフィン。
多くの人が魅了されるスポーツ。

サーフィンを通じて春夏秋冬、海と向き合う。
穏やかな時もあれば、荒れ狂う時もある。
日が昇り落ちるまで、海で一日中過ごす休日。
自然と一つになれる喜びを感じよう。

#surf #sea #sunset

Today's Guest

YUUMI

yuumi_seimiya

Read More

Style 03

OUTDOOR
YOGA

ヨガは好き?と聞かれたら
わたしは好きと答える。
特に森林の中でするヨガは格別だ。
目を瞑って、自然の中で深く深呼吸をする。
息をゆっくりと吸って、静かに吐く。
これだけで心が穏やかになり、緊張がほぐれる。

ポーズをとると、徐々に身体が温まってくる。
左脳が休まり、右脳が活性化することを感じる。
疲れからの解放で、心も体も健康に。

ヨガはサンスクリット語の“結ぶ・つなぐ”が語源。
自然と一体になれるよろこび。
森林ヨガをあなたもきっと好きになる。

#yoga #healthy #relax

Today's Guest

AKANE

satomiakane

Read More

Style 02

CAR
PICNICwith BABY

育児や家事に忙しい毎日だからこそ、
たまにはリフレッシュするために出かけよう。
晴れた日にピクニックなんて最高。
クルマのまま乗り入れできるオートキャンプ場なら、
荷物が多いママでも心配なし。

わたしだけの息抜きかって?いいえ。
少し言い訳みたくなっちゃうかもしれないけれど、
我が子に自然と触れ合ってもらうこともできる。
まだ歩けなくても草の上に座って、
葉っぱや土に触れ、小さな花を見て、
木々の匂いを嗅ぎ、鳥のさえずりを聞き、
旬の食べ物を味わうことで、五感が育つはず。

美味しい旬のご飯を外で食べて、
親子ともに感性を磨くことができる特別な休日。
笑顔の絶えない、ちいさな冒険のはじまり。

#子連れ #旬の味 #ちいさな冒険

Today's Guest

MOYA

moyamoya2121

Read More

Style 01

VANLIFE

自由気ままなひとり旅。
何に縛られることなく、誰に気を遣うこともなく、
思いつきで、一日中好きなことができる。

読みかけの本を読んでもいいし、
昼寝してもいいし、
書きためていたウィッシュリストのどれかを
実行してもいい。
何もせず、ぼーっとするだけでもいい。

何をするにも、自由だ。
予定がないって素晴らしい。

素の自分と向きあえる、
とことん自由でわがままなひとり旅。
さぁ、鍵を握りしめて出かけよう。

#富士山 #ひとり旅 #自由

Navigator

YURIE

yuriexx67

Read More

安全のため走行の際は荷物をしっかりと固定してください。
最大積載量を超えない範囲でご使用ください。
積載物がドライバーの視界を遮らないようご注意ください。