オデッセイ
「ついでのオデッセイ」

「ついでのオデッセイ」

オデッセイ HYBRID・EXパッケージ
ついで物に福アリ
40代/男性/新潟県 2016年10月22日投稿
クルマのご購入を考えたきっかけ
休日に小学生の息子と暇つぶしに輸入車ディーラーへ遊びに行き試乗。その車があまりに良くてそこで一気に「車を替えたい!」思いに。そのとき乗っていた国産車N社のミニバンは4年経過で車検も1年残っていましたが、その日からは毎日「替えたい」という気持ちを抑えきれない状態に。けど、試乗した輸入車は乗車人数の問題で却下。
ご購入までのエピソード・ストーリー
まずは最大なる難関かつ障壁である家内には恐くて直接言えず、メールでアレコレ言い訳を述べ「買い替えをする」と勇気を出して言い切ってみる。すると暫くして返信が…。恐る恐るメールを開くと「了解です」と一言。これは好意的に賛成してもらっているのか、呆れているのか不明でしたが、とにかく「了解」はもらったので、まずは予算の確定のために査定価格を算出してもらい、通帳を覗きこみ予算確定。そこから車種検討となりました。まず第一候補に挙がったのがT社のLLミニバン、N社のLLミニバン。3車種以上で検討したかったので、ついででオデッセイ。18才で免許を取ってからインスパイア→CR-V→オデッセイ(二代目)→フィット→ステップ ワゴン→S社SUV→N社ミニバンと乗ってきました。Hondaの営業担当とは気持ちがイマイチ噛み合わず最近はHondaを避けていました(笑)けど、3車種以上検討したかったので、ついでに「オデッセイも検討に入れるか」という感じです。
何が購入の決め手になりましたか?
まずは、第一候補のT車を試乗しましたがあまりの風貌に乗る前から自分が引き気味。つづいて、噛み合わないHonda Carsの営業担当と久しぶりに会って「ついでのオデッセイ」に乗り込もうとしたら「後部座席から乗ってみてください」と言われ「ちょっと変な人だなぁ」と思いながらも車へ近づくとヒンジドアだと思ってた「ついでのオデッセイ」のドアがスーッとスライド。そこはまさにプレミアム空間でした。あのときのワクワクドキドキ感は今でも忘れません。そして、営業スタッフのしてやったりの表情も(笑)既に心の中では「ついでのオデッセイ」が「絶対コレがいい!」に変わった瞬間でもありました。ただ、この営業スタッフを油断させるわけにもいかないので「なるほどねー、けどもう一社試乗するから」と言い、N車に試乗。けどもう心は「オデッセイ一色☆」。最後は息子と最終確認し契約、営業スタッフと熱い握手。この営業スタッフは自分の持ってないものを持っているということだと思うので、これから10年はオデッセイと腐れ縁の営業スタッフと共に過ごそっかな。
同じクルマを検討している人へアドバイス
あまり車種を絞り込まずに最初は時間の許す限り、色んなディーラーの車を試乗したほうが納得できます。それで縁があればオデッセイを是非!

総合評価

★★★★★

お気に入りポイント

  • 内装/居住性
PAGE TOPへ