MENU
HONDA
検索

詳しく知りたい、水素で走る燃料電池自動車が「究極のクリーンカー」と呼ばれるワケ

  • 水素
  • 燃料電池自動車

クリーンカーとして注目を集める燃料電池自動車(FCV)。これは水素を使って走るクルマです。ところで、水素はどうしてクリーンエネルギーと言われているのでしょう? まずはその理由から、燃料電池自動車というモビリティに迫ります。

水素は発電のエネルギーとして、とても有効な物質です。その理由は、水や廃棄物など様々なものから取り出すのが可能で、貯めたり運んだりすることも比較的簡単だから。水素は燃料電池という装置を使って酸素と化学反応を起こし、電気を作ります。その際に排出されるのは水だけ。だから、水素はクリーンなエネルギーと言われているのです。

電気自動車とどう違う? 水素を燃料にした燃料電池自動車

クリーンカーと聞けば、電気自動車(EV/BEV)が思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。電気自動車とはバッテリーを搭載するクルマのこと。外部電源から充電し、バッテリーから供給される電気によってモーターを駆動させ、走ります。

2019年の東京モーターショーでジャパンプレミアとなった電動自動車「Honda e」2019年の東京モーターショーでジャパンプレミアとなった電動自動車「Honda e」

一方、水素を使って走るのが燃料電池自動車。電動自動車と燃料電池自動車はともに、CO2を一切排出しないゼロ・エミッションカーと呼ばれています。中でも燃料電池自動車は、走行中のCO2の排出はゼロ、水素をエネルギー源として発電しながら走り、その水素の充てん時間も短くてすみます。さらには一充てんあたりの走行距離がガソリンエンジン車と同様──であることから、究極のクリーンカーとも称されているのです。その仕組みについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

燃料電池自動車には燃料電池スタックと水素タンクが搭載されています。Hondaの燃料電池自動車、クラリティ FUEL CELLの場合は、車体後方に水素タンク、ボンネット内に燃料電池スタックという配置です。燃料電池の中で水素タンクから供給された水素と、空気中の酸素とで化学反応を起こし、発電。この電気によってモーターを駆動することで走っているのです。もちろん、その際に出るのは水だけ。燃料電池自動車がクリーンカーと言われるゆえんですね。

2016年に自治体や企業を中心にリース販売を開始したクラリティ FUEL CELL2016年に自治体や企業を中心にリース販売を開始したクラリティ FUEL CELL

1980年代から始まった、Hondaの燃料電池自動車への取り組み

Hondaは1980年代後半から。燃料電池の基礎研究をスタート。以来、燃料電池自動車の研究、開発に取り組んできました。水素をエネルギーとするクルマが必要とされる時代が来る、そう考えたからです。1999年には実験車「FCX-V1」、「FCX-V2」の2種を公開。「FCX-V1」は水素、「FCX-V2」はメタノールを燃料とするクルマでした。その後2008年には燃料電池自動車FCXクラリティを発売。2016年に現行のクラリティ FUEL CELLの自治体や企業向けリース販売を開始しました。クラリティ FUEL CELLは、燃料電池スタックを小型化、駆動ユニットと一体化させてボンネット内に配置。世界で初めて(セダンタイプのクルマとして。2019年12月時点、Honda調べ)大人5人が過ごせる車内空間を実現しています。また、水素タンクの拡大により、一充てんあたり約750kmという航続可能距離をも達成したのです。

世界で初めて大人5人が快適に乗れる車内を実現したクラリティ FUEL CELL世界で初めて大人5人が快適に乗れる車内を実現したクラリティ FUEL CELL

Hondaが手掛けるのは、自動車ばかりではありません。インフラの整備にも積極的に取り組んでいます。燃料電池自動車から電気を取り出し、電化製品に電気を供給する「Power Exporter 9000」を開発しました。これは燃料電池自動車はもちろんのこと、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)にも適用できます。アウトドアレジャーから災害時の備えまで。様々なシーンで、クリーンカーの電気を利用可能にするものです。

燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド車から電気を取り出して使用可能にする「Power Exporter 9000」燃料電池自動車、電気自動車、プラグインハイブリッド車から電気を取り出して使用可能にする「Power Exporter 9000」

また、2020年1月には、いすゞ自動車株式会社と本田技研工業株式会社の研究開発子会社である株式会社本田技術研究所が、燃料電池(FC)をパワートレインに採用した、大型トラックの共同研究契約を締結しました。燃料電池や水素エネルギーの利用拡大には、コストやインフラ整備などの課題が山積しており、業界全体で取り組まなければなりません。今回の共同研究契約の締結によって、燃料電池トラックや水素エネルギーを物流業界から拡大し、社会全体の産業の発展と水素社会の早期実現を目指しています。

Hondaは燃料電池自動車という水素を「つかう」モビリティばかりではなく、水素を「つくる」、水素と「つながる」ことを掲げ、水素社会の実現に向けて邁進しています。

Published on 2020.03.17

ランキング
新着記事