MENU
HONDA
検索

大切なクルマに鳥のフン!上手な取り方と対策はこれ!

  • コーティング

ある日、クルマのボディーを見ると、なにやら付着物が……。上を見ると電線に止まる鳥を発見。鳥さんには悪気はないとは思うのですが、この落とし物を早くなんとかしたい!しかし、鳥のフンの扱いには注意が必要!慌てずに対処しましょう。

鳥のフンはクルマの塗装(カラー)にダメージを与えることも

鳥のフンは見た目が悪いだけでなく、塗装に対しても良くないものです。鳥の種類や普段食べているものによって異なりますが、鳥のフンは、「酸性」や「アルカリ性」などの成分が含まれてるのです。酸性やアルカリ性というのは刺激があるので、そのまま放置しておくと、最悪の場合、塗装にシミのような跡がついてしまうことも。汚れとは違って塗装そのものがダメージを受けてしまうので、こすったり、磨いたりしても落とすことができません。

焦って拭き取ると、キズが発生するかも!?

塗装にダメージが出てしまわないように、すぐに取り除くことが大事です。ポイントは拭き取り方です。ティッシュなどでゴシゴシと拭き取るのは避けましょう。エサである木の実の残りや、消化を助けるために飲み込んだ石が含まれているケースもあるので、いきなり拭き取ると、木の実や石でガリガリと塗装を傷つけてしまうことになります。きれいにするつもりで慌てて拭き取ったのに、傷が付いてしまっては本末転倒な結果になってしまいます。

乾いていなければ水で洗い流すのが一番です

フンはできるだけ手を触れないように落としましょう。まだフンが柔らかい状態であれば、水を軽くかけるだけで流し落とすことができます。水道があればホースやジョウロを使って、ない時はペットボトルの水でもかまいません。強くかけるとフンが飛び散って、二次災害が発生するので、あくまでも優しく、ゆっくりと。取り除けたら、柔らかいタオルや布で水分を拭き取って完了です。
また、水が近くにないときは、ティシュペーパーで拭き取ります。キズを付けないように多めのティッシュペーパーで軽くくるむようにして、一度に全部拭き取ろうとしないで、何度かに分けて取るようにすれば傷も回避できます。

乾燥していたら、“水分パック”で柔らかく!

発見するのが遅くて、乾いてしまっていることもありますよね。こうなってしまうと焦りは禁物で、とにかく慎重に除去作業を進めます。でも、水を直接かけても、硬くなってしまったフンはなかなか流れ落ちてくれません。
ポイントとなるのは硬くなったフンをいかに柔らかくするか?という点。ここで駆使するのが“水分パック”です。水分パックとは水を含ませたティッシュのこと。これをフンにかけてしばらく放置します。そうすると乾燥して硬くなったフンも柔らかくなるので、サッとひと拭きで除去が可能ですし、水でも簡単に洗い流せます。これなら、キズも防止することができます。

使用したティッシュは丸めてすみやかにゴミ箱へ。鳥のフンには病原菌も含まれているので、最後に必ずしっかりと手洗いをしてください。

塗装へのダメージを少なくするための防御方法とは?

塗装に付着した汚れをサッと落とすことができれば、鳥のフンも取り除きやすくなります。そこでおすすめなのが、ボディーコーティングです。コーティングの被膜が保護してくれてるので、直接塗装に汚れや水アカが付着するのを防いでくれます。水分も弾いたり、自然に流れ落ちたりするので、取り除くのがとても楽になります。一度コーティングをかけると、一定の期間内なら水洗い洗車だけでクルマをきれいな状態にキープできます。
Hondaのお店では予算や効果に合わせて、さまざまなボディーコーティングメニューを用意していますので、クルマを守るためにもぜひお試しください。

Published on 2020.03.30

ランキング
新着記事