MENU

HONDA

検索
新生活攻略のエキスパートに聞く、新しい環境で自分ならではの楽しみを見つける秘訣!

新生活攻略のエキスパートに聞く、新しい環境で自分ならではの楽しみを見つける秘訣!

  • 新生活
  • カフェカブ

新しいことが始まる季節、春。新社会人や、学生、新しい街で暮らし始めるという方も多いはず!いろいろな環境の変化が起きる時期だからこそ、仕事と関係のないことを話せる友人や、家の近所でくつろげる“行きつけの店”が欲しくなるものではないでしょうか?そこで、今回は、新生活の楽しみ方を徹底紹介!街歩きのエキスパートにも話を聞いてみました。

新生活のスタート。友達作りはどうしたらいい?

新たな暮らしが始まったら、みんなどうやって楽しみを見つけているのか?気になるところです。その方法を見ていきましょう!

1.趣味を語れる場に出かけてみる

「同じ趣味を持つ友人がいたら、楽しく話せるし、休日のお誘いもしやすいのに…。」と思ったことはありませんか?そんなときは、自分の趣味に合わせたテーマのお店に出かけてみるといいかもしれません!

近年、参加型・体験型のお店が増えており、おなじみの猫カフェやふくろうカフェなど動物系はもちろんのこと、3Dプリンターとレーザーカッターを自由に使えてモノづくりが楽しめる、多彩な文房具がそろって試せる、編み物やお裁縫ができる、などなどさまざまなテーマで営まれているカフェやバー、レストランがあります。

例えば、こちらのバー「神田FLUX」は、SF好きのオーナーが営む、映画をテーマにしたお店。SF映画のタイトルやキャラクターをモチーフにしたカクテルが100種類以上あり、自分の好きなテーマに合わせたドリンクや食事を楽しむことができます。来店するお客さんも映画ファンが多く、さまざまなグッズが並んだ店内の雰囲気とあいまって、話が盛り上がること間違いなし!

神田FLUX神田FLUX

2.地元の街を歩いてお店を探してみる

いつでもフラッと立ち寄れて、温かく迎えてくれる。そんな行きつけのお店を探してみたいときには、まず街へ出かけてみましょう!そして、勇気を出して気になるお店の扉を開ければ、素敵な空間が待っているかもしれません。そんな冒険をするときのポイントがこちらです。

・コンパクトな店内
 →お店の方とのコミュニケーションを楽しみたいかたは、10~15座席くらいのお店がおすすめです。

・カウンター席がある
 →“おひとりさま”にはお店の方や隣に座ったお客さんと会話ができるチャンスがある、カウンター席がオススメです。

・個人経営のお店を探してみる
→個人経営や地元のお店は、“行きつけ”候補になるかもしれません。

今注目の“アクティビティサイト”を活用してみよう

お店探しのコツはわかっても、「一歩踏み出すにはちょっとハードルが高いな…」と思う方もいるかもしれません。そんなときに活用したいのが「アクティビティサイト」。昨今、さまざまな“体験”を探せるWebサイトが注目を集めています。“アクティビティ”“遊び”“体験”とったワードに、“共有”“予約”などを加えて検索すると、多くのサービス提供サイトが登場します。

「こんな体験を提供できるよ」というホスト側と、「その体験、してみたい!」というゲストをつなぐサービスで、友達づくりやお店の新規開拓といったことも叶えられるのです。ホスト登録者約9,000人を誇るWebサイト「Tabica」の細川哲星さんに、活用方法を聞いてみました。

Tabicaの細川哲星(ほそかわてっせい)さんTabicaの細川哲星(ほそかわてっせい)さん

「Tabicaの場合、“ワークショップ”や“自然体験”など、大きく6つのカテゴリーに分けてアクティビティを掲載しています。この中で、新生活が始まる方にお勧めしたいのは、“街歩き”と“グルメ・食事”の2つですね!」

この“街歩き”と“食事・グルメ”では、いろいろな街へ5~6人で出かける「食べ歩き」や「飲み歩き」に参加できる企画がたくさん登録されています。1回2時間程度で、街にあるお店を2~3軒ハシゴして、みんなでワイワイ食事をしましょうというものがほとんどです。

企画を主催するホストは、その地域に詳しかったり、飲み歩きが好きだったりする人が多いので、一人ではちょっと入りづらいお店や、Web検索では出てこないような穴場など、自分だけでは気づかないようなスポットに行けるのが楽しみの一つ。しかも、企画に賛同した人たちが参加されるので、興味の対象や食事の嗜好が合ったりすることも多いのだとか。

さらに、参加者の6~7割が開催地の近くに住んでいるので、ローカルでのコミュニティが広がる可能性も大いにあります!

初めてでも大丈夫?イベントの流れをチェック

実は、細川さん、サイトの運営もしながら自ら街歩き企画を主催するホストでもあるのです。例えば、「下北沢路地裏ツアー」では、東京・世田谷区の下北沢エリアにあるディープなお店や注目スポットを案内してくれるというもの。当日は、行きたい場所を参加者みんなで決めながらお店を何軒か回ります。

下北沢路地裏ツアー 下北沢路地裏ツアー

ホストとしての事前準備も大切だそうで、ただ単に知っているお店にお連れするのではなく、まずは自分で街を歩き、気になるお店を訪問しているのだそう。お店の方に相談しながら企画をつくっているそうです。

下北沢路地裏ツアー

初対面の人と食事に出かけるのは、少し緊張してしまうかもしれません。当日はどんな流れでイベントが進むのでしょうか。

「集合後、1軒目に入ったら、20分くらいかけて全員に自己紹介してもらいます。年齢層も20~60代と幅広いので、それぞれどんな人なのかを初めに知ってもらうことが大切だと思うし、それがアイスブレイクになってその後の会話も弾みます」

自己紹介が終わると、自然と皆さん打ち解けていることが多いのだとか。そこから、2軒目に行きたいお店をみんなで決めて移動し、さらに盛り上がれば3軒目へという感じで進んでいきます。気楽に参加できるこのスタイルが好評で、リピーターとなるゲストもチラホラ。さらには、「また開催してほしい!」とリクエストが来ることもあるそうです。

同じ趣味の人と語るって、楽しい!

ほとんどのアクティビティサイトでは、参加可能日と場所から企画を検索できます。開始時刻の60分前まで申し込める企画もあり、時間ができたときにフラッと参加できるのも魅力の一つです。Tabicaの場合、「ノンアルコールツアー」や「カフェツアー」、「神社巡り」などさまざまな企画が登録されており、自分の趣味に合わせて選ぶことができます。

そして、ホストは話を楽しみやすいようなお店やコンテンツを準備しているので、一人でいきなり参加しても楽しめて、初対面の人に対する自己紹介能力も鍛えられそうです。「知り合いに紹介できる地元の店が増えた!」という喜びの声も聞かれるのだとか。

こうして同じ趣味の人と出会えると、語り合う時間はいくらあっても足りないほどに楽しいものですよね!

乗り物の趣味と言えば、「バイク」という方もたくさんいらっしゃいます!もし今バイクに乗っている、もしくは新生活ではバイクに乗ってみようと考えている方、Hondaにも、バイクを愛する皆さまのコミュニティがあるのをご存じでしょうか?

例えば、「オーナーズミーティング」。同じ種類のバイクオーナーがサーキットに集い、みんなでコースを走ったり、レーサーによるトークショーやお楽しみアトラクションがあったりと、充実の一日が過ごせます。

CBオーナーズミーティングの様子CBオーナーズミーティングの様子

また、Hondaのカブユーザーの皆さまの集い、「カフェカブミーティング」もオススメです!Hondaの青山ビルのほか、九州、京都など全国で開催されており、カスタムしたカブのコンテストやゲストを迎えてのトークショーなど、楽しい催し満載のイベントとなっています。

カフェカブミーティングカフェカブミーティング

今年の青山でのイベントの様子はこちらからご覧になれます。また、以下のサイトでもイベント情報を随時更新していきますので合わせてご覧ください。

このほかにも、ツーリングやレース観戦イベントなど、バイクで出かけるイベントがさまざま開催されています。気になるイベント情報は、こちらからチェックしてみてくださいね。

Published on 2019.12.25

ランキング
新着記事