MENU

HONDA

検索
今年の紅葉狩りは、空から見よう!秋のおでかけに、空中散歩はいかが??

今年の紅葉は空中散歩で楽しむ?!
おでかけスポットと新しい楽しみ方を発見!

全国各地で、そろそろ紅葉が見頃を迎えてきました。色づく木々を眺めながらのハイキングやドライブは、秋ならではの楽しみですが、今年は、いつもとはちょっと違ったかたちで紅葉を楽しめる、「空中散歩」をテーマに、空から紅葉を見られるスポットをご紹介していきます!

シーズン前のスキー場は、紅葉の穴場!?

愛知県最高峰の茶臼山は、愛知と長野にまたがり、雄大な自然を楽しめるスポットとして人気です。標高1,415mの山には、春は芝桜、夏は新緑など美しい風景が楽しめるほか、冬は雪景色の中でスキーを楽しめるとあって、地元の皆さん中心に人気を集めています。

 

そんな茶臼山ですが、スキー場のリフトを利用して、空中散歩を楽しめます!上空からながめる紅葉は、その迫力が段違い。さらに、リフトに乗った姿を映した写真を購入できるサービスもあるので、美しい風景を持ち帰ってみるのもいいかもしれません。

茶臼山高原
茶臼山高原

ロープウェイで360度のパノラマを楽しむ!

続いての空中散歩は、ロープウェイ。日本最大の湖である滋賀県・琵琶湖のほど近くにある「びわ湖バレイ」には、標高1,100mの山頂へ向かうロープウェイが設置されていますが、このロープウェイがなんと360度ガラス張り仕様!目の前に迫る紅葉を余すことなく楽しむことができます。運がよければ、雲を突き抜ける体験ができることも。

びわ湖バレイ
びわ湖バレイ

また、施設内にはワイヤーに滑車を走らせて空中を移動する「ジップライン」や、アスレチックの「スカイウォーカー」など、上空から景色を楽しめるアトラクションも。ジップラインは全7コース、スカイウォーカーは全3コース33アイテムと、内容も充実しているので、一日中アクティブに楽しめます!

びわ湖バレイ
びわ湖バレイ

ジップラインやスカイウォーカーは11月10日まで、ロープウェイも11月24日までの営業なので、気になる方はお早めに行くことをオススメします!

あこがれの気球体験、ココでできます!!

最後に、空中散歩と言えばあこがれの熱気球!熱気球もじつは体験スポットがあるので、是非おでかけしてみてください。

 

岐阜県郡上市にある「郡上八幡自然園」で熱気球体験を運営するのが、「HEAT BALLOON物語」。ここでは、熱気球と地上をロープでつないだ状況で、上空50mの世界を体験できるプログラムが用意されているのです。

HEAT BALLOON物語
HEAT BALLOON物語

50mは、ビル20階にも匹敵する高さ。まるで自分が鳥や巨人になったかのような気分で、紅葉を眺めることができるはずです!搭乗体験の開催は、土日祝日の7:00~10:00。予約が必要ですので、詳しくはホームページをよくご覧の上で、お申し込みください。

ご存じですか?熱気球はスカイスポーツなのです!

熱気球は、遊覧飛行や冒険飛行のイメージがあるかと思いますが、風を読みながら気球を操りゴールを目指す、大空が舞台のスカイスポーツです。Hondaは熱気球の競技大会「熱気球ホンダグランプリ」を1989年より実に30年にわたって、サポートしています。

熱気球ホンダグランプリは、全国で年間5戦開催しており、今シーズンの残りは、佐賀と鈴鹿の大会です。

10月31日(木)~11月4日(月・祝)に開催される、第4戦「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、アジア最大の熱気球大会。100機以上の熱気球が空に浮かぶ一斉離陸では、圧巻の光景が見られます。

また、鈴鹿サーキットを中心に開催される第5戦「鈴鹿バルーンフェスティバル」は、今季の最終戦。チャンピオンをかけて、鈴鹿市街を中心に熱いバトルが展開します!さらに、夜のサーキットでバルーンが一列に並びライトアップされる「バルーンイリュージョン」の幻想的な風景も人気です。

熱気球ホンダグランプリ
熱気球ホンダグランプリ

ぜひ、会場へ出かけて、バルーンの浮かぶ楽しい風景を満喫してみてくださいね!

Published on 2019.10.31

関連情報はコチラ

PageTop