MENU

HONDA

検索
今年のHondaブースは何かが違う!? 東京モーターショーで進化した“体験型イベント”を楽しもう!

今年のHondaブースは何かが違う!?
東京モーターショーで進化した“体験型イベント”を楽しもう!

2年に一度開催される「東京モーターショー」が、2019年は大幅リニューアル!これまでは、最新モデルやコンセプトカーなど“展示を見る”イベントでしたが、今回は“感じる・体験する”要素が目白押しです!Hondaブースでも、さまざまな体験型コンテンツを展開。実際にブースを巡ってみました。

今年のHondaブースは??

Hondaブースがあるのは、東京ビッグサイト 西1ホール。約2,800㎡のエリアには、新型FITや新たなカブのコンセプトモデルCT125、さらには音楽専用蓄電機LiB-AID E500 for Musicなど、世界で初めて披露されたモデルがズラリ。さらには、今年世界選手権参戦60周年を迎えたモータースポーツのマシンも勢揃いしています。

注目の新製品をいち早く間近でウォッチ。ONE OK ROCKメンバーのサイン入りLiB-AID E500 for Musicも展示されています!
注目の新製品をいち早く間近でウォッチ。ONE OK ROCKメンバーのサイン入りLiB-AID E500 for Musicも展示されています!

注目の新製品をいち早く間近でウォッチ。ONE OK ROCKメンバーのサイン入りLiB-AID E500も展示されています!

21面LEDモニターの特別演出でHondaの歩みを体感しよう

こうした展示エリアを華やかに演出するのが、ブース全体に広がる21面のLEDモニター。今年のHondaブースは、音楽と映像の演出でHondaの考えるモビリティーの未来を見ることができます。
実はこの21面LED、25分間に1回、特別演出が行われます。HIP HOPユニット「スチャダラパー」さんがHondaの歴史をラップで綴ったオリジナル曲「The Power of Dreams」や、ロックバンド「ONE OK ROCK」さん出演の「Go, Vantage Point」などが、ここでしか見られない超ワイド映像となって登場するんです!

特別演出のときは、モニターが一列にならび、ブースの雰囲気も一変します!

特別演出のときは、モニターが一列にならび、ブースの雰囲気も一変します!

なんと、11月1日(金)には、スチャダラパーさんの特別ライブがFUTURE EXPOエリアで開催されるほか、Hondaブースへも訪問される予定です。皆さんも、遊びに来てもらえるとうれしいです!

 

また、この「The Power of Dreams」を収録した数量限定の特製カセットテープが抽選で当たるTwitterキャンペーンも開催中!詳しくは、下記のページをご覧ください。曲も聞くことができますよ♪

似顔絵がその場で完成!?SNSに上げたくなるアクティビティー

ぜひ訪れたいのは、テレビ朝日系列「激レアさんを連れてきた」のイラストなど、多方面で活躍するイラストレーターJUN OSON(ジュン・オソン)さんとコラボした「Hondaイラストグラム」。タブレット端末であなたの顔を撮影すると、JUN OSONさんのイラストによる似顔絵が出来上がり、その画像をSNSに投稿すると似顔絵をステッカーにしてプレゼント。実際にできあがる似顔絵はこんな感じです!

04

バイク&芝刈機で冒険へ!?バーチャルの世界を駆けまわろう

このほかにも、SNSで話題になりそうなコンテンツがあるんです!
それが、「Monkey Animation Snap」。展示車Monkey125の背景の大型LEDに、走る風景映像や楽しげなアニメーション・エフェクトが上映され、まるでモンキーでツーリングしているかのようなGIFアニメーションが撮影できます。

さらにもう一つ、Hondaの芝刈機でもアニメーションGIFが作れるんです!芝刈機でのレースや、小人になって芝刈りができたり、芝刈りで地上絵を描いたりと、背景は3パターンから選択できます。

01
02

“見る”から“体験する”へ進化した東京モーターショー2019のHondaブース。自信作のコンテンツがたくさん並んでいますので、撮影した写真や動画はきっと話題になるはずです。ぜひ、Hondaの描くモビリティーの未来を面白楽しく体験してください!

Published on 2019.10.25

関連情報はコチラ

PageTop