MENU

HONDA

検索

年越しそばはなぜ食べるの?いつ食べるの?
令和最初の「年越しそば」を楽しむ食べかたを調査!

  • 年越しそば
  • スーパーカブ

年末の風物詩「年越しそば」。令和初となる年越しそばを楽しむために、年越しそばの由来や地域性などを調査してみました!年越しそばにまつわる知識を、ちょっと深めてみませんか?

そもそも年越しそばはなぜ食べる?

年越しそばは、江戸時代の中期には定着していた習慣とされています。細く、長い麺の姿から「長寿を願う」という意味が込められたり、一方では切れやすいという特徴から、「一年の厄を断ち切る」とされたりなど、さまざまな説が言い伝えられています。
しかし、それよりも昔に、「年末にそばを食べる」という習慣があったようです。鎌倉時代、福岡・博多の承天寺(じょうてんじ)で、商人が町人たちにそばでできた餅を振る舞いました。すると、翌年から町人たちが幸運に恵まれたことから、「運そば」「福そば」と呼ばれるようになったのだそうです。諸説ありますが、これが年越しそばの起源とされています。

年越しそばの起源とされる承天寺(画像提供:福岡市)年越しそばの起源とされる承天寺(画像提供:福岡市)

年越しそばにも地域性?

年越しそばは、地域によって味やトッピングも異なるようです。その中でも特徴的なものをピックアップしました。まず紹介するのは「にしんそば」主に京都府で食べられていて、かけそばに、にしんの甘露煮を乗せて食べます。温かいつゆと、甘辛いにしんの風味に、食欲がそそられそうですね!

京都名物にしんそば京都名物にしんそば

続いてご紹介するのは、福井県で食べられる「越前そば」大根おろしがたっぷりとかかっているのが特徴的で、「おろしそば」と呼ばれることもあります。こちらは、冬でも冷たい麺のそばを食べるのが特徴で、冷たい麺にピリッとした大根おろしの風味がマッチしそうです。

京都名物にしんそば京都名物にしんそば 福井名物越前そば福井名物越前そば

また、年越しそばを食べるタイミングに注目してみると、特に定まったものはなく、12月31日に食べること以外は、昼に食べるか、夜に食べるかは地域によってまちまちなのだそうです。それだけでなく、山梨県や香川県、愛媛県の一部では、お正月にもそばを食べるという習慣があるのだそうです。年末年始と言えば帰省の季節。皆さんの地元の風習がどのようになっているか、ご家族や地元の方に、聞いてみるのもいいのではないでしょうか?

年末のそば屋さんは大忙し!

そば屋さんにとって、やはり一年を通じて忙しくなるのは、年末とのことです。東京・神田に店を構える「浅野屋」さん。1日の来客が普段と比べて2倍近くの約150人に増えるということで、お店は大忙し。そこで、浅野屋さんはメニューを絞って来客に備えるのだそうです。
その中で一番人気なのは「天ぷらそば」。温かいかけそばに、えびの天ぷらが添えられています。年末の注文の半分ほどを、この天ぷらそばが占めるそうです!

浅野屋の「天ぷらそば」浅野屋の「天ぷらそば」

また、年末に増えるというのがそばの「出前」。浅野屋さんは年末も含めて出前の対応を行っていて、普段は1日5~10件という出前が、大みそかは約20件と、2倍以上に増えるそうです。そば屋さんによっては、大みそかは出前の対応をされないお店もあるので、事前に確認しておくと安心です。お店側も、事前にどれだけの注文が入るのかを知れると余裕を持った対応ができるそうです。

出前と言えば、スーパーカブ!

出前によく使われる車両と言えば、原付バイク。実は、Hondaの「スーパーカブ」が多く使われています。出前や新聞・郵便の配達などで見かける、このバイクです。

出前に使うには、バイク後部にそばを運ぶ“キャリア”を設置しなければなりませんが、毎日何十回もの配達に耐えるために、頑丈なつくりになっています。さらに、仕事の効率や経済性を考えると、乗り降りしやすく、燃費性能が良いバイクでなければなりません。それらの条件を満たすバイクがスーパーカブで、全世界で1億台以上を生産しています!

出前のそばは、時間を気にせずゆっくりと家で年越しそばを楽しめます。年末のテレビ特番を観ながら食べたりもできますし、小さいお子様のいるご家庭もおうちで食べられると安心です。

お休みの人が多い大みそかに、忙しく町中を駆け抜けて出前に向かう、そば屋さん。そんな姿に感謝しながら、令和最初の年越しそばを楽しみたいですね!

Published on 2019.10.01

ランキング
新着記事