MENU

HONDA

検索



1952年(昭和27)
社 内 事 項 業界・一般事項
2月 名古屋市中区宮出町に名古屋支店設置
  月産500台突破記念で、総額350万円の賞金付きドリーム号、特別発売
3月 埼玉県足立郡大和町(現、和光市)白子に工場買収、白子工場(埼玉工場)を設置
  スクーターおよび汎用エンジンの設計・試作開始
  自転車用補助エンジン、カブF型試作完成
4月 浜松市板屋町より東京都中央区槇町3丁目3番地へ本社移転
  本田社長、藍綬褒章を受章
5月 高松市5番町に四国支店設置
  ドリームE型のエンジン生産を浜松から埼玉へ移管
6月 第2次増資で資本金600万円となる
  カブF型を台湾ほかへ輸出
  通産省より自転車工業研究補助金として170万円下付
8月 大阪市北区に大阪支店設置
10月 4億5000万円の輸入工作機械購入を決定
  ドリームを沖縄、フィリピンへ輸出
11月 本田社長、米国の工業界視察を兼ね、工作機械購入のため渡米
  第3次増資で資本金1500万円となる
  河島技師、オートバイ工業視察のため渡欧
12月 カブF型月産7000台を達成
  東京工場を閉鎖し、業務を白子工場へ移管
2月 外国製二輪車の輸入防止運動を展開
4月 鈴木式織機、バイクエンジンの生産開始(6月にバイク・パワーフリー号発売)
5月 トロリーバス出現
7月 ガソリンなど石油製品統制撤廃
8月 道路交通取締令施行(原付自転車は免許制から許可制へ)
  日本、国際通貨基金(IMF)・国際復興開発銀行(世界銀行)に正式加盟
11月 日本、対共産圏輸出統制委員会(ココム)加入
  たま自動車(株)、プリンス自動車工業(株)と改称
12月 日産、イギリスのオースチン社と乗用車国産化の技術提携
この年 経済復興活発化


主 要 製 品
二輪車 カブF型、ドリーム2E型
四輪車/汎用製品 汎用エンジンH型

前年へ
前年へ
次年へ
次年へ

[ BACK ]