MENU

HONDA

検索

ピボットレスフレーム

スイングアームをフレームに取り付けるのではなく、クランクケースの後端に直接取り付ける構造のフレームです。主骨格がステアリングヘッド周辺の剛性を受け持ち、スイングアームピボットを備えるクランクケースが後輪方面の剛性を受け持ちます。従来のピボットプレートとダウンチューブが不要になり、フレームの大幅な軽量化が可能となるだけでなく、車体全体にわたって最適な強度、剛性、しなやかさを設定することができ、軽快な操縦性と高い安定性に貢献します。

テクノロジー詳細

読み物

  • CBR-RRの20年

    フラッグシップスポーツ CBR-RRの車体の歴史をご紹介