MENU
HONDA
検索

デュアル・クラッチ・トランスミッションの概要

デュアル・クラッチ・トランスミッションは、マニュアルトランスミッションの構造はそのままに、クラッチ操作と変速操作を自動化したトランスミッションです。1-3-5速/発進用クラッチと、2-4-6速クラッチの2つのクラッチ(デュアル クラッチ)を備え、電子制御によってこれらを制御することで、つなぎ目のないシームレスな変速を実現する、バイクとして世界初の技術です。ダイレクト感のある加速といったマニュアルトランスミッションの魅力はそのままに、なめらかな加減速とイージーライディングという、新たな走りの魅力をお楽しみいただけます。

デュアル・クラッチ・トランスミッションの構造

横置きエンジンのモーターサイクルの場合、クルマと同様の構造を持つデュアル クラッチ トランスミッションを搭載することは困難であるうえ、車体を傾ける時に必要なバンク角の確保、ライダーの足との干渉の回避など、さらに厳しいレイアウト上の制約があります。
Hondaのデュアル クラッチ トランスミッションは、既存のマニュアル・トランスミッションをベースにして「メインシャフトの二重化」、「専用設計の直列配置クラッチ」、「エンジンカバーに集約した油圧回路」によって解決。軸方向の延長を最小限に抑え、モーターサイクルとしてのパッケージングを成立させました。