MENU

HONDA

検索


エンジンは一度スタートさせると、メインスイッチをOFFにするまで、ずっとガソリンを使い続けます。つまり、信号待ちなどで停車しているときには、無駄なガソリンを使うことになってしまうのです。

アイドリングストップシステムは、信号待ちなどで停車しているときに自動的にエンジンを止め、ガソリンのムダをなくすためのものです。

アイドリングストップシステムをONにしておけば、停車したときには、あなたに代わってエンジンを止め、走り出すときには、あなたに代わってエンジンをスタート。アイドリングストップシステムを使用しないときに比べてガソリンを約7%も節約できます。(ECE R40モード 社内テスト値)

※スイングバックについてはこちらをご覧ください。

「ECE R40モード」とは?

世界中で広く燃費の測定に使われている走行パターンです。 決められた時間で決められた速度まで加速、減速し、停車するというパターンを数回繰り返し、使ったガソリンの量を測定します。 (国内仕様のカタログに掲載されている数値は「60km/h定地走行」です)

アイドリングストップシステムは、アイドリングストップモード切換えスイッチを”IDLING STOP”にしておくだけで信号待ちなどで停車するたびにエンジンを自動的に停止。 ※走り出すときは、スロットルグリップを回すだけで瞬時にエンジンがかかります。

※ エンジンの水温が60℃以上のときに作動します。

※スイングバックについてはこちらをご覧ください。

頻繁にエンジンをかけたり、止めたりすることになる街中でも快適に使っていただくために、Hondaは125ccクラス初※の「ACGスターター式アイドリングストップシステム」を開発し、「PCX」に搭載しました。

※Honda調べ

ACG(AC Generator:交流発電機)スターター式アイドリングストップシステムは、走行に必要な電気をつくる「ACG」を使ってエンジンを始動させます。従来のセルモーター式アイドリングストップシステムの一例のような減速ギアを持たないため、ギアがかみ合うときの音が発生しません。


Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ アイドリングストップシステム編 ~

Honda テクノロジー図鑑 アイドリングストップシステム編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
<< *印の項目は必須です >>
Q1
性別

Q2
年齢

Q3
ご職業

Q4
Honda テクノロジー図鑑」への訪問頻度は?

Q5
Honda テクノロジー図鑑」をどこで知りましたか


Q6

Honda テクノロジー図鑑 アイドリングストップシステム編」の感想をお聞かせください。

(a)
満足度

(b)
わかりやすさ

Q7
Q6の(a)で「どちらでもない」「あまり満足しなかった」「まったく満足しなかった」を選択された方におたずねします。その理由を、下記よりお選びください。

Q8
Honda テクノロジー図鑑」についての御意見・ご感想、とりあげてほしいテーマや技術等あればご記入ください。<最大全角250文字>


※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません。
 ご質問・ご意見等でHondaからの回答をご希望の方は「お問い合わせ窓口」へご記入ください。→こちら

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ アイドリングストップシステム編 ~

Honda テクノロジー図鑑 アイドリングストップシステム編」をご覧いただきありがとうございます。現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

感想を送る