MENU

HONDA

検索

1.

デュアル・クラッチ・トランスミッションとは

ダイレクト感のある加速などの利点を持ったマニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチ操作とシフト操作を自動化したトランスミッションです。クラッチ操作不要で、ライダーはスロットルとブレーキの操作に集中して走ることができ、通常のマニュアルトランスミッションでは構造上、どうしても発生してしまう変速時の駆動力の途切れを抑えた、なめらかな加速・減速が可能です。
1速-3速-5速-発進用クラッチと、2速-4速-6速用クラッチという2つのクラッチ(デュアル クラッチ)を備えたトランスミッションとして、二輪車では世界初の技術です。

変速方法はシフト操作を自動化した「ATモード」と、好みのギアをライダー自身が選ぶことのできる「MTモード」の2種類。「ATモード」では、通常の「Dモード」に加えて、よりスポーティな走りに向いた「Sモード」をご用意しました。

Tech View ユーザーレビューから見るHondaの先端技術

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ デュアル クラッチ トランスミッション編 ~

Honda テクノロジー図鑑 デュアル クラッチ トランスミッション編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。

感想を送る

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

~ デュアル クラッチ トランスミッション編 ~

Honda テクノロジー図鑑 デュアル クラッチ トランスミッション編」をご覧いただきありがとうございます。現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

感想を送る