MENU

HONDA

検索

アクティブセーフティ

パッシブセーフティ

トラフィックジャムアシストアクティブセーフティトラフィックジャム
アシスト(渋滞運転アシスト機能)

ポイントを開くポイントを閉じる

  • ポイント
  • 高速道路の渋滞における運転負荷を軽減
  • ステアリング操作を支援し車線を維持
  • 渋滞追従機能付ACCとの組み合わせで機能

高速道路での
低速走行時の運転操作

を支援

技術の概要

トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)は、高速道路での低速走行の時、前走車の車速変化に合わせながら車間距離を保ち、車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援することでドライバーの運転負荷を軽減する機能です。

車線(実線・破線)と前走車の検知はカメラとミリ波レーダーを使います。

※LKASと渋滞追従機能付ACCがONのときに作動します。
※トラフィックジャムアシスト〈渋滞運転支援機能〉は、約0~65km/h以上で作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者がステアリングから手を放した状態や、運転者が意図的に車線を越えるようなステアリング操作をしているとシステムが判断した場合、また、方向指示器(ウィンカー)を作動させている場合には作動しません。

技術のはたらき

STEP1

カメラが車線(実線・破線)を検知し、カメラとミリ波レーダーが前走車を検知、前走車を追従

車線と前走車を検知

メーター内の表示※設定車速が表示されています

STEP2

前走車の車速変化に合わせ、車間距離を保ちながら車線の中央付近を維持するようにステアリング操作を支援

ステアリング操作を支援

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。