アクティブセーフティ

パッシブセーフティ

近距離衝突軽減ブレーキアクティブセーフティー近距離衝突軽減ブレーキ

ポイントを開くポイントを閉じる

  • ポイント
  • 前後のソナーセンサーで障害物を検知
  • 低速の前進・後退時に障害物への衝突軽減を支援

駐車時のような2~10km/hの低速で
後退/前進時に壁にぶつからないようブレーキをかけます

技術の概要

Hondaは後退時/前進時ともに近距離衝突軽減ブレーキを装備

フロント4つ、リア4つのソナーセンサーを使い、駐車時など低速での後退および前進時、数メートル程度の近距離にある壁やガラス壁などの障害物を検知し、ぶつかりそうになったとき自動でブレーキをかけ衝突軽減を図る機能です。
Hondaは後退だけでなく、前進でも近距離衝突軽減ブレーキを機能させ、安全な運転を支援します。

技術のはたらき

STEP1

駐車時など、低速で後退・前進しているときソナーセンサーが壁などの障害物を検知。超音波なのでガラスの壁も検知できます。

STEP2

衝突の恐れがあるとき、運転者のブレーキ操作を支援し、音と表示でお知らせします。停止保持後ブレーキは解除されます。

障害物の検知について

近距離衝突軽減ブレーキでは、2つのソナーセンサーの組み合わせで三角測量を行い、障害物の位置を距離だけではなく座標として把握。クルマが通過できる構造物と通過できない構造物を区別し、必要に応じブレーキを作動させます。

2つのセンサーを使うことで、まるでコンパスで2つの円弧を描いて交点を求めるようにして座標を把握

Hondaのこだわり

前進でも作動させ駐車時の安心を支援

後退駐車する駐車場でも前方にも壁がある場合があります。またコンビニエンスストアでは前進駐車も多くあります。そのような場合を考え、後退時だけでなく、前進時も支援することにHondaはこだわりました。

前方に壁がある後退駐車のシーン

斜めの障害物も考慮

ソナーセンサーが発する超音波は、クルマから同心円状に発せられます。たとえば後退しているクルマの後ろに斜めの障害物があった場合、作動範囲を走路の幅に限定して真後ろだけに反応させると、壁の直前での作動となり停止が間に合わない場合が生じます。そこで、物体形状の特徴を把握し作動タイミングを決定するなど、斜めの障害物も考慮しています。

※障害物の形状により検知出来ない場合があります

後方に斜めの障害物がある場合

走路内だけを作動範囲にすると検知が遅れる

物体形状の特徴を把握し作動タイミングを決定

開発の思い

安全装備は、普段はお客様が体感しないことが一番です。日常の運転のなかで過剰にシステムが作動してしまうことなどにより不便をおかけすると、煩わしさからスイッチを切るなどして使われなくなることもあります。ですから近距離衝突軽減ブレーキは、システムの過剰作動をできる限り低減させ的確に作動する事に徹底してこだわりました。
Hondaでは、他ではあまりない前進時の制御を行っています。駐車時などに限定される後退時に対し、日常の運転でも機会が多くまた速度もより高くなるシーンが多い前進時は、過剰にシステムが作動してしまうことへの対応が技術的に困難でした。しかしながら研究を重ね、さまざまな技術的チャレンジを実現することで、的確に作動し、使いやすいシステムを開発できました。

ご使用に際して、
知っておいていただきたいこと

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。

この記事は面白かったですか?

  • そう思う
  • どちらともいえない
  • そう思わない

今後の改善の参考にさせていただきます!