MENU

HONDA

検索

アクティブセーフティ

パッシブセーフティ

後方誤発進抑制機能アクティブセーフティ後方誤発進抑制機能

ポイントを開くポイントを閉じる

  • ポイント
  • ソナーセンサーで後方の障害物を検知
  • 不意の後退を防ぐために急発進を抑制

不意の後退を防ぐために
急発進を抑制します

技術の概要

自車の後方に障害物があるにもかかわらず、シフトレバーが「R」の状態でアクセルペダルを強く踏み込んでしまった場合に、エンジンの出力を抑制して急な後退加速を抑え、音とメーター内の表示で警告するのが後方誤発進抑制機能です。

後方の障害物はソナーセンサーで検知します。停車時や約10km/h以下で後退している際、アクセルペダルを強く踏み込んでしまった状況を想定した機能です。

技術のはたらき

STEP1

店舗の駐車場などで後退している時、ソナーセンサーが自車の後方の障害物を検知

障害物を検知

STEP2

アクセルペダルを強く踏み込むと、衝突のおそれがあると判断。エンジン出力を抑制し、音とメーター内の表示による警告を行う

ガラスも検出する
ソナーとは

後方誤発進抑制機能では、近距離の検知性能に優れるソナーセンサーを搭載しています。ソナーセンサーは超音波によって障害物を検知します。センサーから発せられた超音波は、障害物があると反射して返ってきます。その反射波を検知することにより、障害物の有無や距離を検知する仕組みです。超音波を反射する障害物であればガラスを含めて検知することが可能です。

搭載車種一覧
ご使用に際して、
知っておいていただきたいこと

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。