MENU

HONDA

検索

アクティブセーフティ

パッシブセーフティ

ブラインドスポットインフォメーションアクティブセーフティブラインドスポット
インフォメーション

ポイントを開くポイントを閉じる

  • ポイント
  • 走行中の斜め後方車両を検知
  • ミリ波レーダーで検知
  • 音と表示でお知らせ

車線変更を支援する

技術の概要

ブラインドスポットインフォメーションは、走行中の死角になりやすい自車の斜め後方車両を検知し、ドライバーへ注意を促すことで運転負荷を軽減する機能です。

リアバンパー内に搭載したミリ波レーダーが斜め後方車両を検知、ドアミラー鏡面または車室内のドアミラー付近に搭載した表示部にインジケーターが点灯することでドライバーへ知らせます。さらに、斜め後方車両を検知した状態で方向指示器(ウィンカー)操作を行うとインジケーターは点滅、音による警告を行います。

技術のはたらき

  • 通常走行の場合
  • 車線変更の場合

STEP1

斜め後方を走行する車両をミリ波レーダーが検知

ミリ波レーダーが車両を検知

STEP2

検知側のインジケーターが点灯、ドライバーへ車両の存在を知らせる

検知側のインジケーターが点灯※インジケーターの表示場所は車種により異なる場合があります

STEP1

斜め後方を走行する車両をミリ波レーダーが検知

ミリ波レーダーが車両を検知

STEP2

検知側のインジケーターが点灯、ドライバーへ車両の存在を知らせる

検知側のインジケーターが点灯※インジケーターの表示場所は車種により異なる場合があります

STEP3

検知側へ方向指示器(ウィンカー)操作を行うと、音とインジケーターの点滅による警告を行う

音による警告

インジケーター
点滅による警告

  • 通常走行の場合
  • 車線変更の場合

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。