MENU

HONDA

検索

アクティブセーフティ

パッシブセーフティ

衝突軽減ブレーキ(CMBS)アクティブセーフティ衝突軽減ブレーキ(CMBS)

ポイントを開くポイントを閉じる

  • ポイント
  • カメラとミリ波レーダーが歩行者とクルマを検知
  • 衝突のおそれがある場合は音や表示で注意を喚起
  • 強いブレーキングによって衝突回避または被害軽減を支援

人やクルマを検知して
衝突回避を支援する

技術の概要

衝突軽減ブレーキ(CMBS)は不注意が原因で、歩行者やクルマとの衝突のおそれが生じた場合に、衝突回避または被害軽減を支援する機能です。

現在のCMBSはミリ波レーダーにカメラを組み合わせることにより、前走車と対向車に加え、歩行者も検知します。 ミリ波レーダーは対象物との距離や速度を精度高く検知します。一方、カメラは対象物の種類や大きさを識別することで、歩行者の検知に適しています。カメラとミリ波レーダーを組み合わせることで、従来のミリ波レーダーだけのシステムでは難しかった歩行者を検知することが可能となりました。

※CMBSは万が一の衝突回避または被害軽減を支援する機能ですが、あくまでもドライバーの回避操作を優先し、支援するのが技術です。

技術のはたらき

  • 歩行者や前走車の場合
  • 対向車の場合

STEP1

カメラとミリ波レーダーで歩行者や前走車を検知

歩行者や前走車を検知

STEP2

衝突するおそれがある場合、音とメーター内の表示によりドライバーへ注意喚起

※リアクティブフォースペダル装備車は、アクセルペダルの振動で警告
※車種よりヘッドアップワーニングが表示されます

STEP3

さらに接近した場合、音とメーター内の表示に加え
弱いブレーキングによりドライバーへ警告

※E-プリテンショナー装備車は、シートベルトの弱い引き込みで警告

STEP4

衝突のおそれが高まった場合、音とメーター内の表示に加え強いブレーキングにより衝突回避または被害軽減を支援

※E-プリテンショナー装備車は、シートベルトの強い引き込みで衝突に備える

STEP1

ミリ波レーダーで対向車を検知

対向車を検知

STEP2

衝突するおそれがある場合、音とメーター内の表示、さらにステアリング振動によりドライバーへ注意喚起

※リアクティブフォースペダル装備車は、アクセルペダルの振動で警告
※車種よりヘッドアップワーニングが表示されます

※一部車種にはステアリング制御が搭載されていません

STEP3

さらに接近した場合、音とメーター内の表示に加え
弱いブレーキングによりドライバーへ警告

弱いブレーキング

STEP4

衝突のおそれが高まった場合、音とメーター内の表示に加え強いブレーキングにより被害軽減を支援

※E-プリテンショナー装備車は、シートベルトの強い引き込みで衝突に備える

  • 歩行者や前走車の場合
  • 対向車の場合

技術のしくみ人の検知を可能にした
カメラ

歩行者はクルマに比べ、ミリ波レーダーが発する電波の反射波が弱いため、従来のミリ波レーダーだけを使ったシステムで検知することは困難でした。

そこで周囲の風景から歩行者の画像を抽出することが可能なカメラの特性を組み合わせることにしました。

搭載車種一覧
ご使用に際して、
知っておいていただきたいこと

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。