MENU
HONDA
検索
HondaTechnologyAutomobileポップアップフードシステム
歩行者保護の守備範囲を広げるHondaのポップアップフードシステム。2004年8月発表の情報

コンテンツ1スタート

まずはじめに、

ポップアップフードシステムとは何かをご紹介しましょう。

ポップアップフードシステムとは、万一の歩行者事故の際
ボンネットフードの後ろ側を持ち上げ
硬いエンジンなどとの間に空間をつくり、歩行者の頭部に与える
衝撃を和らげる技術です。

この技術は、Honda独自の衝突安全技術である「G-CON」のひとつです。

 

G-CON 人への傷害軽減
G-CON 解説チャートへ

Safety for Everyone

Hondaには、クルマ社会の「共存安全」思想があり、
自分のクルマ以外の安全にも早くから注目。
弱い存在である歩行者を「共存安全」の最たる課題とし
独自の技術開発に取り組んでいます。

UP

DOWN
コンテンツ2スタート

ボンネットの低いクルマのための技術。

ポップアップフードシステムは、歩行者と衝突した瞬間、
ボンネットフードの後ろ側を約10cm持ち上げます。
エンジンルーム内に空間を持たせ、くぼみやすくすることで、
ボンネットの低いスポーティなクルマでも
歩行者の頭部への衝撃を和らげることができます。
ボンネットが低いスポーティなクルマ一般的なクルマ
UP

DOWN
コンテンツ3スタート

前例のない技術、独自の開発。

Honda ASV歩行者安全研究者

共存安全の思想から、歩行者事故にいち早く注目したHondaは、
1995年、ボンネットフードに衝撃吸収構造を採用した
Honda ASV歩行者安全研究車を開発。

その後、1998年に世界初の歩行者ダミーや歩行者傷害軽減ボディを開発し、
2000年には、クルマ同士やクルマと歩行者の衝突実験を行う
世界初の屋内型全方位衝突実験施設を建設。

世界初の歩行者ダミー世界初の屋内型 全方位衝突実験施設

そうした先進的な取り組みと研究を重ね、
2004年に、ポップアップフードシステムの技術を発表。
前例がないため、歩行者ダミーや実験施設まで独自で生み出しながら
Hondaは、歩行者保護の技術を推進させています。

2004年に技術発表
UP

DOWN
コンテンツ4スタート

ポップアップフードシステムはどんなときに働くか。

ポップアップフードシステムは、約25km/h以上の走行時、
歩行者などとの前面衝突の際に働きます。
フロントバンパーの中央と左右の3箇所にGセンサーがあり、
衝撃を感知すると、歩行者の頭部がボンネットに到達する前に
一瞬にしてアクチュエーターでボンネットフードの後ろ側を持ち上げます。

ポップアップフードシステムは、人とクルマの
「共存安全」をめざす、Hondaの安全思想にもとづく
独自開発の歩行者保護技術です。

UP

編集後記 次へ




Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 ポップアップフードシステム編 〜

Honda テクノロジー図鑑 ポップアップフードシステム編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
<< *印の項目は必須です >>
Q1
性別

Q2
年齢

Q3
ご職業

Q4
Honda テクノロジー図鑑」への訪問頻度は?

Q5
Honda テクノロジー図鑑」をどこで知りましたか


Q6

Honda テクノロジー図鑑 ポップアップフードシステム編」の感想をお聞かせください。

(a)
満足度

(b)
わかりやすさ

Q7
Q6の(a)で「どちらでもない」「あまり満足しなかった」「まったく満足しなかった」を選択された方におたずねします。その理由を、下記よりお選びください。

Q8
Honda テクノロジー図鑑」についての御意見・ご感想、とりあげてほしいテーマや技術等あればご記入ください。<最大全角250文字>


※ご質問・ご依頼等への対応は行っておりません。
 ご質問・ご意見等でHondaからの回答をご希望の方は「お問い合わせ窓口」へご記入ください。→こちら