MENU
HONDA
検索
HondaTechnologyAutomobileモーションアダプティブEPS
滑りやすい路面での安定性を高める HondaのモーションアダプティブEPS。 2008年9月発表の情報

コンテンツ5スタート

ハンドル操作で対応しきれない場合、VSAが効く。

モーションアダプティブEPSと同時に、
車両の姿勢を安定させる電子制御システムであるVSA」も作動します。
ハンドル操作でクルマの姿勢が安定しきれない場合でも、
エンジンの出力と4輪別々のブレーキ制御によって
VSAが車両の姿勢の乱れを抑えるので、より安心です。

■VSAの作動例

 

UP

DOWN
コンテンツ6スタート

連続する姿勢の乱れにも対応。

ハンドル操作で、一度目の姿勢の乱れを修正しても、勢いが収まらず
反動で、今度は逆向きに姿勢が乱れ、それが何度か連続する
ことがあります(「1」の映像のように)

■姿勢の乱れが連続する例

その際は、モーションアダプティブEPSが作動。
連続するそれぞれの姿勢の乱れを納める方向に
ハンドルを切りやすくするようにアシストし、
それでも抑えきれなかった大きな姿勢の乱れはVSAによって制御。
クルマの姿勢を安定させます。

 

UP

DOWN
コンテンツ7スタート

制御のメカニズム。

モーションアダプティブEPSは、VSAのシステムを用い、ハンドル角と車速から
ドライバーが「どれくらいクルマを曲げようとしているか」目標値として算出。
一方、センサーで「どれくらいクルマ曲がっているか」検知。
その値の差から「姿勢の乱れ」を判断し、乱れを安定させる
ハンドル操作をアシストすべく、電動パワーステアリング(EPS)を制御します。

■モーションアダプティブEPS/VSAの制御システム

 

UP

戻る 編集後記




ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。

~ モーションアダプティブEPS編 ~

Honda テクノロジー図鑑 モーションアダプティブEPS編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。