MENU

HONDA

検索

スマートパーキング
アシストシステムの仕組み

スマートパーキングアシストシステムは、カメラを使って駐車枠を認識し、最適な駐車経路を割り出し、ハンドル操作を自動で行ってくれます。スマートパーキングアシストシステム作動中には、タイヤの回転数から自車位置を推定し、アクセルとブレーキ操作、シフトチェンジを行うタイミングをアナウンスしてくれます。

スマートパーキングアシストシステムの仕組み

撮影した画像をリアルタイム解析
駐車枠かどうかを瞬時に判断

スマートパーキングアシストシステムは、マルチビューカメラの画像処理技術を活用して、駐車枠を認識しています。左右のドアミラー内に搭載したカメラによって、駐車枠かどうか自動で判断してくれるのです。
駐車枠の判断に、駐車枠と路面の色のコントラストや、直線で駐車枠らしい形状であるかといった画像データを活用します。駐車枠を決定した段階で、たくさんある駐車経路から最適な1経路を選び出しています。走行中も常に駐車枠を認識することによって、停車して「スタート」スイッチを押した瞬間からスピーディにハンドル操作のアシストを始められます。

駐車枠を認識できる場合

駐車枠を認識できる場合 駐車 枠を認識すると緑色の枠が駐車枠線上に移動します

駐車枠を認識すると緑色の枠が駐車枠線上に移動します

駐車枠を認識できない場合

駐車枠を認識できない場合 ラインがかすれていたり、ロープ枠の場合には駐車枠を認識できません

ラインがかすれていたり、ロープ枠の場合には駐車枠を認識できません

駐車枠を認識できない場合のスマートパーキング
アシストシステムの使い方

駐車枠を認識できない場合でも、自車両を移動させて画面上の緑枠を駐車したいスペースに合わせることで、スマートパーキングアシストシステムを使用できます。

駐車枠を認識できない場合のスマートパーキングアシストシステムの使い方

ハンドル操作を担うのは、
電動パワーステアリングのモーター

スマートパーキングアシストシステムを使っているときは、車両が駐車経路を走行するように、電動パワーステアリングのモーターが運転者の代わりにハンドルを回します。ハンドルが回転するスピードは、車両の進行速度に応じて変化します。

スマートパーキングアシスト 作動時の動き 普段の動き
スマートパーキングアシスト 作動時の動き 普段の動き

タイヤの回転数の測定によって
クルマと駐車枠の位置を割り出す

スマートパーキングアシストシステムでは、タイヤの回転数を測定するセンサー情報から車両の移動距離や進入角度を計算することで、駐車枠とクルマの位置関係を割り出しています。スマートパーキングアシストシステムを作動させると、ハンドルは自動操作となり、アクセルとブレーキを踏むタイミングや、前進と後進を切り替えるシフトチェンジのアナウンスをしてくれます。こうしたアナウンスが適切なタイミングで行われるのは、タイヤの回転数を測定するセンサー情報から駐車枠とクルマの位置関係を把握しているからです。

車両の移動距離や進入角度を計算し、車両と駐車枠との位置関係を割り出します。

車両の移動距離や進入角度を計算し、
車両と駐車枠との位置関係を割り出します。

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。

~ スマートパーキングアシストシステム ~

Honda テクノロジー図鑑 スマートパーキングアシストシステム」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。