MENU

HONDA

検索

「人を守るクルマ」ってどんなもの?

たとえば同じスピードで壁にぶつかっても、人が受ける衝撃が大きいクルマとそうでないクルマがあります。
その違いは、人の代わりにクルマがどれだけのエネルギーを吸収できたかということから生まれます。
Hondaは事故が起こったときに、その「衝撃」をできるだけ人に伝えないよう、クルマ各部の構造に工夫をこらしています。

人への衝撃を抑えるしくみ

「理想的な壊れ方」をさせて人への「衝撃」を抑える

投げ出されようとする体を受け止めて人への「衝撃」を抑える

シートベルトが
過度な力を抑えながら体を支える

エアバッグが前面と側面からの衝撃を抑える

クルマの方をへこみやすくして人への衝撃を抑える

バンパーをへこみやすくする

ボンネット、フェンダーを
へこみやすくする

ワイパーの付け根を折れやすくする

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 G-CON編 〜

Honda テクノロジー図鑑 G-CON編 」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。