MENU

HONDA

検索
  engine technologyへ
このコンテンツは、2004年の情報をもとに作成されています。
ゆとりの300馬力を発生させながら
軽量・コンパクト化を実現し、高いクリーン性能をも達成した、
V6 3.5リッター VTECエンジン。
line
ハイパワー軽量コンパクトと
高いクリーン性能を達成
V6 3.5L VTECエンジン
「レジェンド」に採用されています。
「V6 3.5 VTEC」
V6 3.5リッターVTECエンジン
低速域においても豊かなトルクを発揮するSOHCエンジンにHonda独創のVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)をプラスし、全域トルクフルな走りを実現。骨格そのものを軽量コンパクト化しながら、221kW[300PS]、353N・m[36.0kg・m]というクラストップレベルの高性能を達成しています
line

Hondaは、世界に先駆けるSH-AWDシステムを搭載したかつてないスポーツセダン、レジェンドに搭載するエンジンとして軽量コンパクトかつハイパワー、そして先進のクリーン性能を兼ね備えたエンジンを創り上げました。SH-AWDの軽快な運動性能とのバランスをマッチさせ、なおかつゆとりある力を注ぎ込むために、V型6気筒レイアウトに3.5Lの排気量を選択したうえで、まずは大幅な出力向上に取り組みました。Honda独創のVTEC機構を核に吸・排気効率を徹底して高めるとともに高圧縮比化することで、低回転域から高回転域まで全域にわたり強力なトルクを発生。221kW[300PS]/6,200rpm、353N・m[36.0kg・m]/5,000rpmの圧倒的なパフォーマンスを達成し、街中から高速走行までゆとりのある力強さを発揮します。同時に、徹底的な軽量・コンパクト化によって運動性能のさらなる向上に貢献。また、ハイレベルなクリーン性能も達成し、国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得しています。

 
■V6 3.5L VTECエンジン性能曲線図
■V6 3.5L VTECエンジン性能曲線図
V6 3.5L VTECエンジン
最高出力*
221kW[300PS]/6,200rpm
最大トルク*
353N・m[36.0kg・m]/5,000rpm
燃料消費率※ 8.6km/L
国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定
* ネット値 ※10・15モード走行(国土交通省審査値)
 
 
燃焼効率を突き詰め、全域フラットな高出力・高トルクを達成。
1吸気バルブ径を従来モデルに対し3mm拡大し、吸気効率を向上。圧縮比を11.0まで高めながら、高精度なノックコントロールシステムの開発や、Vバンクの根元からオイルを吹き上げ効果的にピストンを冷却するピストンオイルジェットの採用により、耐ノッキング性能も向上。ノック検知精度を高めることで点火タイミングを早めています。また、吸・排気システムや高圧縮比化に合わせてバルブタイミングを最適化し、吸気効率を最大限に高めています。
■「可変シリンダーシステム」作動イメージ
「VTEC+吸気システム」
 
共鳴切り替え機構付アルミダイカスト2ピース・インテークマニホールド 可変流量サイレンサー採用フルデュアルエキゾーストシステム
共鳴過給と慣性過給をそれぞれ効果的に利用できる可変吸気システムを採用。アルミを射出成形した2つのピースを合わせたモナカ状の中空構造とすることで、軽量化とともに表面をなめらかに仕上げることができ、吸気効率を向上。さらに吸気口を大径化するなど、効率をいっそう高めています。 床下キャタライザーの直後から2本のパイプに分かれるフルデュアルエキゾーストシステムを採用。可変流量サイレンサーを採用し、低回転域での静粛性と高回転域での高出力を両立しています。

■アルミダイカスト2ピース・
 インテークマニホールド構造図

「インテークマニホールド」
拡大表示
■可変流量サイレンサー
「可変流量サイレンサー」
 
ダイナミック性能向上に貢献する軽量・コンパクト設計。
3.5リッターV型6気筒レイアウトのバンク角を、90°から60°に狭めたうえで、エンジンの全幅で36mm、全長で61mmものコンパクト化を達成しました。さらに、シリンダーヘッドカバーにはマグネシウムを採用し、アルミダイカストインテークマニホールドの採用とあわせて軽量化も実現。ダイナミック性能の向上に大きく貢献しています。

 
国土交通省「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得した優れたクリーン性能。
認定車表示マーク

「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」認定車表示マーク
平成17年排出ガス規制のNMHC、NOxについて基準値を75%以上下回る優秀な環境性能を達成した車両に与えられます。

 

搭載車種は

レジェンド(2004〜2008)

詳細情報は

レジェンド Fact book

このコンテンツは、2004年の情報をもとに作成されています。
 
サーチへ コンタクトへ フィードバックへ FAQへ ホットニュースへ ホームページへ