MENU

HONDA

検索
  engine technologyへ
このコンテンツは、2003年の情報をもとに作成されています。
発進・加速時など高出力が必要な場合には6気筒燃焼、
クルーズ時などには片側3気筒を休止させて燃費を向上。
「可変シリンダーシステム搭載」V6 3.0L i-VTECエンジン。
line
走行状況により燃焼気筒数を
切り替える
「可変シリンダーシステム」搭載
V6 3.0L i-VTECエンジン
「インスパイア」、「エリシオン」 に
採用されています。
可変シリンダーイメージ
可変シリンダーシステムとは・・
高知能なVTEC機構により、発進・加速時など高出力が必要な場合には6気筒燃焼、クルーズ時などにはV型6気筒のうち片側3気筒を休止する画期的なエンジンテクノロジーです。V6 3.0Lならではの高出力・高トルクと低燃費を両立し、優れたクリーン性能までも達成しています
line

大排気量エンジンが今後CO2や燃費の課題が厳しくなるなかで、生き延びて行くにはどのような技術が必要か。高速クルージングでの燃費を大きく改善する方法はないだろうか。このようなテーマの追求から開発されたのが、Honda独創のVTEC機構に、V型6気筒の片側3気筒を休止させる高知能化システム「可変シリンダーシステム」をプラスしたV6 3.0L i -VTECエンジンです。
エンジンの負荷が大きい時は6気筒(3.0L)で走行し、負荷の小さいクルージング走行になると3気筒(1.5L)での走行に切り替わることで優れた燃費を実現。エンジンへの負荷が比較的少ないクルージング時を中心とした状況下でコンピュータが最適と判断した場合に、後ろ側の3気筒の吸排気バルブを密閉して休止させ、前側バンクの3気筒で走行。さらに3気筒休止の状態では、3気筒分の燃料をカットするだけではなく、吸排気時に発生するエンジンのポンピングロスを60%以上低減することで、実用燃費も大きく向上。インスパイアでは11.6km/L(10・15モード走行燃費)という低燃費を達成。同時に高いクリーン性能も実現し、国土交通省「超−低排出ガス」認定を取得しています。
日常の走行から高速道路などでのロングドライブまで、上級セダンにふさわしいゆとりの走りと高い環境性能を両立させています。

3.0L i -VTECエンジン
 
可変シリンダーシステム作動イメージ(概念図)
発進、加速時(6気筒運転)
[発進、加速時(6気筒運転)]
発進時やクルージング状態からふたたび加速する時などは、V6 3.0L i -VTECエンジンならではの豊かな低中速トルクで力強い動力性能が得られます。
 
高速巡行時(3気筒運転)
[高速巡行時(3気筒運転)]
エンジン負荷が比較的少ない巡行時などで、コンピュータが最適と判断した場合、片バンク3気筒のバルブ駆動を休止。切り替えのショックやトルク変動もなく、快適な低燃費走行が可能です。
 
省エネ・ドライビングを支援
3気筒走行状態をはじめ、10km/リットル以上の燃費で走っているときには、メーターパネル内にECOランプが点灯します。このランプを参考にアクセルワークを工夫することで、気筒休止する範囲を拡大できるようになります。
[マルチインフォメーション・ディスプレイ表示]
マルチインフォメーション・ディスプレイ表示
省燃費運転時
 走行状況に応じて6気筒燃焼と3気筒燃焼を切り換える「可変シリンダーシステム」。
■「可変シリンダーシステム」作動イメージ
「可変シリンダーシステム」作動イメージ   1.クルーズ時:3気筒休止状態
2.減速時:3気筒休止状態(エンジンブレーキ弱)
3.クルーズ時:3気筒休止状態(約20km/h以上、3,500rpm以下、Dレンジの走行領域)
4.減速時:6気筒に切り換え(エンジンブレーキ強)
5.アイドリング時:6気筒状態
6.発進・加速時:6気筒状態
7.クルーズ時(速度安定判断):3気筒休止に切り換え
 
[リアバンク休止構造を採用]
「可変シリンダーシステム」は、横置きV型6気筒レイアウトのリアバンク3気筒を休止させます。走行中、フロントバンクは冷却に有利であるのと同時に、気筒休止時のシリンダーヘッド直下キャタライザーの温度を保持して浄化性能の劣化を防ぐために、リアバンク側に休止構造を採用しました。
[イリジウムプラグを採用し、気筒休止中でも点火]
気筒休止状態でも点火プラグがスパークを続けることでプラグの温度低下を抑え、燃焼状態に切り換わった際のくすぶりを防いでいます。また、空気のみの点火は混合気よりも絶縁抵抗が高く電圧が高くなるため、高電圧化によるプラグ電極の摩耗に対して耐久性の高いイリジウムプラグを採用しています。

搭載車種はインスパイア(2003〜2007)エリシオン(2004〜2010)

詳細情報はインスパイアFact bookエリシオンFact book

このコンテンツは、2003年の情報をもとに作成されています。