MENU

HONDA

検索

日本の道路で有効なのはもちろんのこと、クルマの平均時速がさらに高い欧州でも追突回避のための有効な技術として認められています。

欧州で、日本車として初めてユーロNCAPアドバンスド賞を受賞しただけでなく、評価に厳しい米国でも多く装着されており、今後、他の地域に向けてもグローバルに展開していきます。

また、ドイツで行われた交通事故の統計を元に欧州全体への影響をHondaが分析したところ、欧州で運転されるすべての自動車がCMBS装着車と仮定した場合、年間20〜25万件の交通事故を回避もしくは軽減できると推計しています。

CMBSの世界での普及マップ

ユーロNCAPアドバンスド賞とは

ユーロNCAP※2アドバンスド賞は、自動車メーカーの安全技術を表彰する制度で、近年メーカーが積極的に開発・導入している先進安全技術を評価し、自動車の安全性能やメリットを消費者により分かりやすく伝えることを目的としています。今回の受賞により、衝突を予測しその被害を軽減するHondaのCMBSが最も優れた先進安全技術の一つとして認められました。

※2:ユーロNCAPは、欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関により、欧州委員会などが定めた新車評価基準(New Car Assessment Program 略称:NCAP)に基づいて実施される自動車の安全性能の評価制度です。

〜 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 〜

Honda テクノロジー図鑑 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。