MENU

HONDA

検索

ドライバーが追突を避けようしたときは追突の危険を知らせません。

前走車に近づきはじめても、ドライバーが十分な回避操作を行ったと判断できる場合には、システムを作動させません。ドライバーの回避操作は、ハンドル操作、ブレーキ操作、クルマの進路をセンシングし判断しています。「人間尊重」を理念とするHondaは、運転するドライバーの操作を妨げないようシステムをつくり上げています。

検知するのは、前方およそ100m。

前走車の検知は、フロントグリル内に設けたミリ波レーダーによって行います。
前走車との速度差が大きい 場合は早くから警報が必要となるので、前方およそ100mにわたり前走車を検知するよう設定しています。

ミリ波レーダーイメージ
ミリ波レーダーイメージ

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。

〜 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 〜

Honda テクノロジー図鑑 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。