MENU

HONDA

検索

追突による死傷事故を減らしたい。
それがHondaの着眼点です。

追突事故はさまざまな速度で起こりますが高い速度で起こるほど、死傷に至る可能性は高まります。

Hondaは、死傷事故を減らすとともに少しでも追突速度を下げて被害軽減をめざし、追突軽減ブレーキ〈CMBS〉+Eプリテンショナーの作動を『時速15km以上、上限速度なし』で開発しました。

幅広い速度で作動させるには、想定条件が多くなり開発の難易度は高まりますが、事故実態にもとづく欠かせないテーマとしてHondaは取り組みました。

ドライバーの運転支援機能のため、各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。車両をご使用になる前に必ず取扱説明書をお読みください。各システムは、いずれも道路状況、天候状況、車両状態等によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

車種や発売時期によって本ページの説明とお客様所有の車両の機能が異なる場合があります。 実際の機能は取扱説明書をご確認ください。

〜 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 〜

Honda テクノロジー図鑑 追突軽減ブレーキ〈CMBS〉編 」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。