MENU
HONDA
検索

Hondaのエアバッグはここが違う 現実の事故実態を見つめ、独自に開発を続けるHondaのエアバッグ

もっと詳しく/技術解説【運転席用iSRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>】

体格とハンドルからの距離までを考えた運転席用エアバッグ

小柄でステアリング近くに座るドライバーは、「早く」ステアリングにぶつかってしまうので、エアバッグを「早く」膨らむことが必要です。
しかし、「早く」膨らませることで衝撃を与えないよう「やさしく」膨らませる必要があります。
さらに、ステアリングから遠くに座るドライバーの保護のためには「長く」膨らんでいる必要があります。

i-SRSエアバッグシステム

i-SRSエアバッグシステム

「うず巻き状の縫製」という発見

より「早く」「やさしい」エアバッグシステムとするためにエアバッグに「うず巻き状の縫製」を施すことを発見。うず巻き状の縫製が内側から外側に向かって切れながら膨らむ世界初のi-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>を2008年に開発しました。

i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>は、エアバッグ本体に「うず巻き状の縫製」と「排気制御弁」を設けることで〈連続〉的に〈容量〉を〈変化〉させます。

i-SRSエアバッグシステム〈連続容量変化タイプ〉の試作エアバッグ縫製風景

うず巻き縫製の形状、糸の材質などの研究のために
ときに研究者自身がミシンを使ってアイデアをその場で形にしてテストを実施。
研究者の情熱により、前例のない技術が実現に至りました。

「早く」「やさしく」のメカニズム

うず巻き状の縫製で膨らみが制限されるため、はじめに、少ない容量で素「早く」保護面を形成します。
また、縫い目がエアバッグの飛び出しも抑制するため、人への衝撃を低減し「やさしく」膨らみます。

「早く」「やさしく」のメカニズム

「やさしく」「長く」のメカニズム

ガスの圧力により、うず巻き状の縫製の糸を内側から外側に向かって切りながら、
一定の圧力で「やさしく」〈連続〉的に〈容量〉を拡大します。

「やさしく」「長く」のメカニズム

膨らみ終わるまでガスを排気しない

従来エアバッグは、ガスを排出しながら膨らみます。
i-SRSエアバッグシステム<連続容量変化タイプ>は、排気制御弁を設けており、膨らみ終わるまでガスを排気させないため、エアバッグ内部の圧力が一定に保たれ、保護性能を「長く」持続します。
加えて、ガスの膨張圧力を低く抑えることが可能となり、「やさしく」膨らませることに寄与しています。

従来エアバッグシステムとの比較
従来エアバッグシステムとの構造の比較

Honda テクノロジー図鑑に関するご感想をお寄せください

〜 エアバッグ編 〜

Honda テクノロジー図鑑 エアバッグ編」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。