MENU

HONDA

検索

世界初※、パッケージ型ユニットを実現したスマート水素ステーション(SHS)

Hondaはクルマが抱える環境課題を解決するために、CO2(二酸化炭素)の排出量を減らし、化石燃料への依存を抑制する有効な手段として、様々な環境技術に取り組んできました。そのひとつが、走行中に水しか出さない燃料電池自動車です。

この燃料電池自動車を走らせるには燃料となる水素が必要です。その水素を再生可能エネルギーによって効率よくつくることができれば、燃料電池自動車はもっと身近で便利になります。

そんな考えから、Hondaは水素を「つくる」技術の研究開発に取り組んできました。2002年からアメリカ・ロサンゼルスにて小型水素ステーションによる水素製造の実証実験を積み重ねてきました。その経験を生かし、小型でより効率よく水素をつくり、貯めることができる高圧水電解システムの開発に着手しました。2010年にはロサンゼルスにてHonda独自の高圧水電解システムを搭載した小型水素ステーションの実証を開始し、2012年から日本でもこの小型水素ステーションの実証実験を埼玉県庁にて開始しました。

水素社会に向けた開発の歴史

2014年には、Hondaは世界で初めて高圧水電解システムをパッケージ型に収納したプロトタイプの「スマート水素ステーション」を開発し、さいたま市と北九州市にて稼働を開始しました。そして2015年、Honda独自開発の高圧水電解システムに「Power Creator」と命名し、市販モデルの「スマート水素ステーション(SHS)」の接地稼働を開始しました。

スマート水素ステーション(SHS)は水と電気を供給することで、水素の「製造」「貯蔵」「供給」が可能となる非常にコンパクトな施設です。スマートステーション(SHS)内部では、水の電気分解によってつくられた水素が、高圧タンクに貯蔵され、燃料電池自動車に水素を充填する際には充填ノズルを介して水素を供給します。

太陽光や風力といった再生可能エネルギーにより発電された電気や廃棄物発電を利用すれば、水素を供給する段階でもCO2排出量の低減が可能となります。

このスマート水素ステーション(SHS)があれば、大型の商用水素ステーションがない場所でも、燃料電池自動車を活用できます。

スマート水素ステーション(SHS)の構造

※Honda調べ

~ スマート水素ステーション(SHS) ~

Honda テクノロジー図鑑 スマート水素ステーション(SHS)」をご覧いただきありがとうございます。
現在、よりわかりやすく、楽しいサイトにするため、皆さまからのご意見・ご感想を募集しております。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。