MENU
HONDA
検索

世界最高効率に秘めた思い

アクセルペダルを通じた対話が、ドライバーとクルマとの関係に新しい可能性を切りひらく。 文 / 生方 聡 (モータージャーナリスト)

エンジニア・トーク マンガ版

クルマとの対話を大切にしたい

——今回のテーマはリアクティブフォースペダルということですが、聞き慣れない言葉ですね。いったいどんな新技術なのでしょうか?

「リアクティブフォースペダルは、ドライバーとクルマが対話をするための技術です」。

——対話、ですか?

「クルマのなかで、ドライバーが高い頻度で触れているのが、ハンドルとアクセルペダル、そして、ブレーキペダルなんですよね。そのうち、ハンドルとアクセルペダルは基本的にずっと触れています。運転の上手い人はハンドルの感覚やアクセルペダルの感覚などで、クルマを操っていることを実感しています。Hondaでは、ハンドルに関してはすでにモーターを使ってさまざまな情報を伝えているんですが、アクセルペダルに反力を与えることで、クルマの状態をよりわかりやすくすることができないだろうか、というところから発想が生まれました。

——最近のクルマは、アクセルペダルとエンジンがワイヤーで繋がっていませんよね・・・。

「ええ、いまはDBW制御になっていて、機械的な連携がありませんから。普通、アクセルペダルにはスプリングが付いていて、踏んで足を離すと戻ります。それにモーターを使って何らかの反力を与えるのがリアクティブフォースペダルです」。

——運転を楽しくしたいというところからスタートしているのが、なんともHondaらしいですね!

エコドライブから安全運転まで

——実際にはどんな効果があるんですか?

「まずはアクセルペダルの操作が上手になり、運転がスムーズになります。その結果、燃費が良くなったり、エコドライブが楽にできるようになるんですよ」。

——どのくらい燃費がよくなるんですか?

「このクルマならこのくらいの燃費が出せるという数字があるとしますね。運転が上手な人は、比較的簡単にその目標に近づくことができます。しかし、運転があまり上手じゃない人にとっては難しい。しかし、リアクティブフォースペダルを使えば、運転の上手な人に迫ることができるんです」。

——つまり、運転のスキルによらず、燃費性能の限界を引き出せるということですか。

「それだけではありません。ある人が、『オレは燃費運転が得意だからこんなものは要らない!』といいまして、『そういわず乗ってください』といって試乗したところグンと燃費が上がったんです(笑) ご自分で思っている燃費運転と、本当に燃費にやさしい運転が違っていることもあるんですよ」。

——アクセルペダルを踏んでいくと、ペダルの反力が強くなるところがありますね。

「ストロークの途中に軽く突き当たる壁のような感触があります。私たちは“壁感反力”と呼んでいるんですが、そのあたりに足を預けておくだけで、簡単に燃費のいい走りができます。おかげで、運転スキルの高い人にとっても、楽に燃費が出せます」。

——エコドライブって慣れていても案外難しいものですからね。それ以外のメリットは?

「雪道などで、ついついアクセルペダルを踏みすぎて発進しにくいような場面でも、ペダルに反力を与えることで、ちょうどいい踏み加減になります」。

——それを知っていたら、大雪の日に試したかった(笑)

「あとは、安全機能と連携しています。私たちは“お知らせ機能”と呼んでいるんですが、「いま危ないよ」ということをクルマから足を介してドライバーに伝えたい。もちろんメーターの表示などでも知らせますが、ちょっとよそ見をしていたり、前に集中していてメーターの表示を見落としてしまったときでも気づくように、足の裏をトントントントンとノックするような反力を与えています」。

——なかなか盛りだくさんですね!