MENU

HONDA

検索

Super Cub Story Vol.4 — 国内製品編

Super Cub Anniversary

Super Cub Story
☰ Menu
Super Cub Story
スーパーカブシリーズは、2017年中に世界生産累計台数が1億台達成の予定です。そして、2018年には、誕生60周年を迎えます。1958年の誕生から、世界中で長く愛用されているスーパーカブの歴史と魅力を紹介します。
誕生、そしてさらなる躍進へ
Super Cub Story
Super Cub Story

スーパーカブシリーズは、2017年中に世界生産累計台数が1億台達成の予定です。そして、2018年には、誕生60周年を迎えます。1958年の誕生から、世界中で長く愛用されているスーパーカブの歴史と魅力を紹介します。

Vol.4 — Super Cub 国内製品編
仕様に合わせバリエーションを展開

通勤通学、ビジネス、レジャーと日本中のあらゆるシーンに密着し定着したスーパーカブ。さらなる需要に応えるため、いろいろなバリエーションモデルが次々に花開く。第2回は需要に特化したバリエーションモデルと、史上最強のスーパーカブと呼ばれたモデルをご紹介。

「新聞配達に特化した黄色いスーパーカブ」
1971年 ニュースカブC90M
スーパーカブ

 自動遠心式によりクラッチ操作から解放されるなど、スーパーカブは誕生当初から配達業務に配慮された作りであった。自動遠心クラッチの採用は、開発中にお蕎麦屋さんの出前持ちが乗るバイクというイメージを持っていた本田宗一郎のアイデアによるものだと言われている。

 1961年には全日本自動車ショー(東京モーターショー)に於いて、前後左右に新聞を各50部ずつ収納できる筒状バスケットを装着したスーパーカブC100新聞配達仕様が、今でいう参考出品的モデルとして展示。そんな配達業務に特化したスーパーカブが実際に市販されるのは、高度経済成長と共に新聞配達の部数もエリアも拡大したことで省力化、効率化を図るべく日本新聞協会、新聞配達省力化委員会の協力要請を受けてからのこと。

 1971年に誕生した「ニュースカブ」は、フロントと左右リアのバッグと大型リアキャリアに合計300〜350部の新聞が積載可能となり、輸送力のアップに伴い大型サイドスタンド、強化ブレーキなども採用。ミッションは1速から2速へワンモーションでシフトできるボトムニュートラルとなった。車体色は朝晩の薄暗い時でも見えやすいようブライトイエローに。ニュースカブは50、70、90に設定され、すべてセル付きであった。

スーパーカブ
リアキャリアは大型で、シート側にはストッパーも備わる。フラッシャーもテールランプ側に移動。布製のバッグはオプションだった。

リアキャリア
リアキャリアは大型で、シート側にはストッパーも備わる。フラッシャーもテールランプ側に移動。布製のバッグはオプションだった。

フロントブレーキは耐久性を向上させた強化型を採用。スタンダードモデル同様、90にはクロームメッキのカバーが備わる。

フロントホイール
フロントブレーキは耐久性を向上させた強化型を採用。スタンダードモデル同様、90にはクロームメッキのカバーが備わる。
 

荷重を考慮し、地面との接地面積の広い大型サイドスタンド、N-1-2-3のシフトパターンも専用装備。

サイドスタンド
荷重を考慮し、地面との接地面積の広い大型サイドスタンド、N-1-2-3のシフトパターンも専用装備。
 

「郵便配達に特化した赤いスーパーカブ」
1973年 スーパーカブデリバリーMD50
スーパーカブ

 それまでの郵便配達業務は自転車やスクーターが使用されてきたが、日本の経済成長と共に取扱量も増大すると、高い耐久性、信頼性を持った配達車が求められた。当時の郵政省は各メーカーに郵便配達専用モデルの開発を打診。もちろん、その中にホンダも含まれていた。

 ホンダは、エンジンのOHC化などで更なる耐久性を得たスーパーカブをベースに郵政省向け特別車を1967年頃に開発。当初は大型キャリアを装着し、ヘッドライトをハイマウントにした程度の変更であった。その後、現場の声を反映し、最初の郵政省向け・MD(メール・デリバリー)が登場したのは1971年のこと。

 90モデルをベースにテレスコピックのフロントフォーク、パイプのハンドルバーなどが採用されたが、通常のスーパーカブと最も異なるのは14インチの小径タイヤを履いていること。また、使用する地域などに応じてキャブヒーターやグリップヒーターなども装備されていた。90に対し積載量は限られるものの、免許証の関係でより多くの人が運転できる50モデルのMDは同様の装備で1973年に登場。以降、年々改良が重ねられた。数は少なくなったが、初代ベースのMDシリーズは今もその姿を見ることができる。

スーパーカブ
ハイマウントされたヘッドライトはスピードメーターと一体に。フロントキャリアは鞄をワンタッチでかけられるようになっている。

ヘッドライト
ハイマウントされたヘッドライトはスピードメーターと一体に。フロントキャリアは鞄をワンタッチでかけられるようになっている。
 

メーターはホンダ他車種でも見られる逆三角形型。バーハンドルも郵政仕様の特徴。右フラッシャースイッチは横スライド式。

メーター
メーターはホンダ他車種でも見られる逆三角形型。バーハンドルも郵政仕様の特徴。右フラッシャースイッチは横スライド式。
 

これまた郵政仕様の特徴である14インチタイヤとテレスコピックのフォーク。チェーンがかけやすいよう、フェンダーとのクリアランスも確保。

フロントホイール
これまた郵政仕様の特徴である14インチタイヤとテレスコピックのフォーク。チェーンがかけやすいよう、フェンダーとのクリアランスも確保。

「ハイパワーで好燃費、エコノパワー・エンジン」
1982年 スーパーカブ50SDX(赤カブ)
スーパーカブ

 1980年代に入ると、初代C100の登場からすでに20年以上経っていたスーパーカブにも変化の時代が訪れる。第二次オイルショックによって“省エネ”が叫ばれ、元々経済性に優れるスーパーカブ50ではあったが、燃焼室の形状や吸排気系の改良、フリクションロスの低減を施し燃費と出力の向上を図ったエコノパワー・エンジンが新たに開発された。この新エンジンはついにリッターあたり105kmという低燃費を実現した。

 1982年にはスーパーカブ50史上最強となる5.5PSの出力と、リッター150kmの更なる低燃費を実現したエンジンを、ヘッドライトをはじめとする当時流行の“角型”デザインを採用したボディに搭載する「50SDX」が登場。

 燃費向上へ歩みは留まることなく、翌1983年には、なんとリッター180kmにまで到達する。写真のスーパーカブは、リッター150kmを達成した1982年のスーパーカブ50SDXを鮮やかなモンツァレッド、エンジンは黒塗りとして、専用のシートやバックミラーを装備したバリエーションモデルの赤カブ。

スーパーカブ
スタンダードのスーパーカブとは対照的に、顔とも言えるヘッドライトやフラッシャー、ミラーなどあらゆるパーツが角デザインとなったグレードがSDX。

ヘッドライト
スタンダードのスーパーカブとは対照的に、顔とも言えるヘッドライトやフラッシャー、ミラーなどあらゆるパーツが角デザインとなったグレードがSDX。

角型メーターには電気式の燃料計を内蔵。イグニッションのキーシリンダーもメーター下に備わる。右フラッシャースイッチは伝統の縦スライド式。

メーター
角型メーターには電気式の燃料計を内蔵。イグニッションのキーシリンダーもメーター下に備わる。右フラッシャースイッチは伝統の縦スライド式。

ボディのデザインと統合された角型テールランプを採用。リアキャリアのゴムマットは、写真の“赤カブ”に特別装備。

テールランプ
ボディのデザインと統合された角型テールランプを採用。リアキャリアのゴムマットは、写真の“赤カブ”に特別装備。