MENU
HONDA
検索

What is CT?「CTとハンターカブ」 第3回 その後のCTシリーズ

ハンターカブからCTふたたびハンターカブへ

手軽に野山を走ることが出来るCT90 トレール90は、レジャー用だけではなく、牧場や農家などの業務用としても主にアメリカで安定した人気を得ました。

日本でも1961年、輸出仕様のCA105H トレール55をベースにしたハンターカブ55を発売しましたが、短期間のみの販売でした。1963年の全日本自動車ショーにも輸出モデルとしてC100Hを展示しましたが、国内販売には至らなかったようです。当時は経済成長期でもあり、スーパーカブはビジネスバイクとしての印象が強く、またスーパーカブの需要も急激に伸び続け、1965年には早くも生産累計が470万台を突破しました。
さらに新型OHCエンジンへのフルモデルチェンジを控えた時期でもあり、派生モデルを増やすことを控えたのかもしれません。おそらくそのような事情もあってか、ハンターカブ55以降、スーパーカブをベースにしたトレールモデルは、CT50の登場まで待つことになります。

日本のGNPが世界第二位に躍進した1968年、高度経済成長とともにレジャーブームも訪れます。スーパーカブシリーズも1966年無事にフルモデルチェンジを完了、翌年からタイやマレーシアでの生産も開始しました(スーパーカブの歴史については「SUPER CUB STORY」ご参照ください)。

1968年、日本でもCT50を発売します。1961年以来7年降りのCTシリーズの国内発売で、輸出向けCT90 トレール90(K0)後期型の50ccバージョンといえる内容でした。レジャー用だけではなく、山間地や不整地での配達や巡回なども想定し、アップマフラー、バー付アップハンドル、フレームカバーなどの装備に、国内向け二輪車としては初めて副変速機を採用。スーパーカブと同じ自動遠心クラッチの3段に、さらにローとハイの2段を組み合わせ、通常の走行はハイレンジ、不整地や坂道ではローレンジと使い分けることができるようになりました。 幅広い用途に対応するオプションパーツも用意しました。初代ハンターカブのイメージが強かったこともあり、このモデルを「ハンターカブ」と呼ぶこともありますが、正式な名称は「ホンダCT50」で「ハンターカブ」の名称は付きません。

1968年8月20日 CT50 
レジャーだけではなく、山間部の業務用も想定しました。右はオプション装着例。日本の国内に向けて3年ほど販売しましたが、レジャーも重厚長大がもてはやされた経済成長期という時代背景もあってか、日本で広く定着するには至りませんでした。
CT50はレジャー、通勤通学、荷物の運搬、雪道など多様なニーズに対応できるよう、用途に適した各種キャリア、バッグ、ウインドシールド、ノビータイヤ、スノータイヤなどのオプションパーツを豊富に設定しました。

北米向けのCT90 トレール90は、1980年に105ccに排気量をアップしてパワーアップしたCT110 トレール110へとモデルチェンジしました。
国内では1981年3月に発売したCT250シルクロード、4月発売のTL125イーハトーブに続く「トレッキングバイク」の第3弾として、10月からCT110を発売しました。野山をトレッキングするように自然の雰囲気を楽しみながらゆったりと走行する「トレッキングバイク」というワードはホンダが初めて紹介しました。

しかし、空前のバイクブームにより、高性能化へと目が向く中、「トレッキングバイク」という新しいジャンルは時期尚早であったようで、注目を集めるまでに至らず、国内ではこれも短期間の販売でした。CT110も「ハンターカブ」と呼ばれることが多いのですが、CT50と同様正式な名称ではありませんが、CTシリーズ=ハンターカブという印象は、新しいモデルが発売されるたびに強くなる印象さえありました。

国内は1981年モデルのみですが、アメリカではCT90 トレール90の後継モデルとしてCT110 トレール110を、1980年から1986年モデルまで販売しました。

1981年10月2日 CT110
日本向けのCT110は、副変速機の付かない自動遠心クラッチの4段ミッションです。バイクブームの中、高性能化に注目が集まったこともあり、販売したのは2年ほどでした。「ハンターカブ」の思想を受け継いだ「トレッキングバイク」というコンセプトでしたが、生まれた時代が早すぎたのかもしれません。
1980年 CT110 TRAIL110
北米向けのCT110トレール110は1980年から販売を開始。105cc、7馬力のOHCシングルエンジンと自動遠心4速ミッションを採用しました。車体色はタイタンレッド。HONDAのロゴはレッド。TRAIL110ロゴは左側のサイドカバーのみに入ります。
1981年 CT110 TRAIL110
1981年モデルから副変速機を追加装備します。HONDAのロゴはホワイトの縁取りがないタイプです。サイドカバーはブラックになりTRAIL110ロゴは左右両側のサイドカバーに入りました。
1982年 CT110 TRAIL110
点火方式がポイント方式からC.D.I方式になります。車体色はタイタンレッドからモンツァレッドに変更しました。
1983年 CT110 TRAIL110
HONDAロゴはブラック。サイドカバーはシルバーになりました。
1984年 CT110 TRAIL110
HONDAロゴはレッドにホワイトの太いアウトライン、サイドカバーはホワイトの縁取りがあるブラックです。以降最終モデルの1986年まで同じグラフィックで販売しました。
1990年代の豪州向けカタログ。北米向け以外の輸出モデルは、日本と同じCT110の名称で発売しました。北米向けは、1986年モデルまでですが、豪州などに向けて、それ以降も輸出しました。
CT110はオーストラリア郵政公社で郵便配達用として正式採用されて、2012年まで生産しました。現在はクロスカブタイプの新型が採用されています。

2012年、スーパーカブはフルモデルチェンジを行いました。翌年新型をベースとしたクロスカブを発売します。
そのプロトタイプをお披露目したのは、モーターショーではなく、ホンダウエルカムプラザ青山で開催された2012年のカフェカブミーティングでした。事前発表のないサプライズで、ハンターカブを連想させるスタイルに「現代に蘇ったハンターカブ」と反響は想定を越えるものでした。初代ハンターカブの発売から半世紀、日本でもレジャーの多様化や自然回帰への志向の高まりなどもあって、「ハンターカブ」や「トレッキングバイクの」のコンセプトが広く浸透していたのです。

クロスカブのプロトタイプは、2012年に開催されたカフェカブミーティング青山で初公開しました。全国からスーパーカブの愛好家が集まるユーザーミーティングでの初公開は異例な事でしたが、クロスカブの話題が盛り上がり高い支持が集まったこともあって、後のCT125 ハンターカブの開発にもつながっていきます。
カフェカブミーティング青山で発表したクロスカブのプロトタイプ。ほぼこのままのスタイルでパールコーンイエローとファイティングレッドを翌年6月14日から販売しました。クロスカブの車名は「スーパーカブのパーソナルユース」と「遊びの要素」のクロスオーバーを意味します。2014年12月12日には新色のボスグレーメタリックも追加しました。
カフェカブミーティング青山ではパイプ製のアンダーガードやスキッドプレート、アップマフラー、右側サイドスタンドを装着したカスタマイズコンセプトも同時に発表。大きな話題になりました。
1995年の東京モーターショーには、アップマフラーやCT90をイメージしたカバーを装着したハンターカブラを参考出品しました。後にキットパーツとしてホンダアクセスから発売しました。

2017年、生誕から60年を迎えたスーパーカブはフルモデルチェンジ、その翌年クロスカブも新型へとフルモデルチェンジを行いました。初代の雰囲気を残しつつ、CT110をイメージした新しさの中に懐かしさを感じさせるデザインとしました。110だけではなく50も新たに設定し、より広い層のお客様にも好評を持って迎えられました。

2018年2月23日 クロスカブ50/110 
クロスカブ110 (写真左)(写真上)に加えクロスカブ50(写真中央)も設定しました。クロスカブ110がパールシャイニングイエロー、マグナレッド、カムフラージュグリーンの3色。クロスカブ50はマグナレッド、クラシカルホワイトの多彩なカラーバリエーションを用意しました。2019年6月21日、車体色を50と110共通のカムフラージュグリーン、クラシカルホワイトと、110専用のパールシャイニングイエローに変更しました。また、ご当地キャラのくまモンをイメージしたグラファイトブラックに足跡をイメージしたデザイン、レッドのパイピングの入ったシートやくまモンのイラストが入ったエンブレム、スペシャルキーなどを採用したクロスカブ50、クロスカブ110・くまモンバージョン(写真右)(写真下)も追加しました。

スーパーカブシリーズの上位モデルであるスーパーカブC125をベースに、初代ハンターカブから、CTシリーズへの流れを受け継いだCT125プロトタイプを2019年の東京モーターショーに出展しました。カブファンはもとより、アウトドア志向の人たちから高く支持され、販売への期待が寄せられました。

そして、2020年3月20日に世界に先駆けて日本で「CT125・ハンターカブ」が発表されました。現代に蘇ったハンターカブは、新たなバイクライフを展開していく相棒となることでしょう。

第46回東京モーターショーでCT125 ハンターカブ(コンセプトモデル)を発表しました。

CT125・ハンターカブ製品ページ ▶︎