MENU

HONDA

検索

スーパーカブと本 スーパーカブを読む

1958年に誕生し、2018年に60周年を迎えたスーパーカブ。
あって当たり前、なくては困る空気や水のような存在であったためか、趣味としてスーパーカブを主題とした本格的な本が登場したのは1990年代以降から。
昨今では趣味としてのスーパーカブ愛好家もどんどん増加し、歴史を詳しく掘り下げたり、メンテナンスやカスタムを紹介したり、旅をしたりとスーパーカブ関連の本も多様化しています。そんなスーパーカブ関連の本をご紹介します。※なお、ここでご紹介する本の中には、現在では絶版となって入手困難な書籍もありますが、参考として掲載しました。

第2回

『カブSuperCub愛蔵版』
発行所 株式会社メディアワークス(現在は株式会社KADOKAWA) 発売元 株式会社主婦の友社 編集 ジーンファクトリー 編集制作 マゼラン出版株式会社 プロデューサー 中部 博 1997年11月5日初版発行(※販売は終了しています)

スーパーカブ初のムックとして誕生。1冊に趣味から実用までスーパーカブの魅力を詰め込んだ意欲作です。中部博氏がプロデューサーとして、歴史から生産現場、そして当時発売されたばかりのリトルカブ開発者のインタビュー、ベトナムのカブ事情など、数多くの企画を掲載。松本大洋氏のイラストとカブの二文字を組み合わせた表紙は、つい手に取ってしまうほどのインパクトがあります。このムックの登場によって、スーパーカブを趣味として楽しむ人たちが増えたといっても過言ではないでしょう。

『Honda スーパーカブ愛蔵保存版』
発行所 株式会社宝島社 編集 ジーンファクトリー 2001年5月31日 発行

プロデューサーとして中部 博氏が手がけたスーパーカブムックの第二弾。カブの生まれ故郷である工場を徹底取材、熊本製作所の生産ラインを詳細に紹し、タイ、ベトナムの工場では生産現場に加え、市場背景などもあわせて紹介しています。カブオーナー115 名のこだわりのカブライフも見ごたえがあります。

『SuperCub INTERNATIONAL 2005』
発行所 株式会社宝島社 編集 ジーンファクトリー 2005年1月28日 発行

題名のとおり、海外のカブ事情を徹底取材。インドネシア、タイ、ベトナムにおけるカブの開発から生産、販売までを紹介しながら、現地でのユーザーが楽しむ姿も随所に紹介しています。また、アメリカンホンダ設立当時のスタッフにも取材して、これまで明かされなかったエピソーなども紹介。 なお、種子島の高校生とカブの取材記事によって、種子島に於けるスーパーカブ事情が全国レベルで知られる事になったのは、このムックの影響によるものと思われます。

『ALL about SUPERCUB』
スーパーカブ大全
発行所 株式会社モーターマガジン社 編集制作 株式会社東京エディターズ 編集人 青山佳峰 2016年3月28日 初版発行

スーパーカブ大全の題名にふさわしく、開発ストーリーも初代デザイナーと当時の最新モデルを掲載。1960年代のスーパーカブの広告宣伝を手がけた、株式会社 東京グラフィックデザイナーズの創業者尾形次雄氏の貴重なインタビューと、ユニークな広告を大特集しています。巻末に生産データを収録し、2017年秋に生産累計が1億台に到達することをいち早く紹介しています。

『ALL about SUPERCUB』
スーパーカブ大全 生誕60周年記念 改訂版
発行所 株式会社モーターマガジン社 編集制作 株式会社東京エディターズ 編集人 青山佳峰 2018年3月30日 初版発行

歴代スーパーカブシリーズのほぼすべてを網羅した前作をベースに、スーパーカブの生誕60周年を記念して、最新モデルの開発者インタビューやスーパーカブ誕生日の謎など新たな記事を追加掲載した改訂版。歴代スーパーカブの試乗インプレッションや、 Hondaコレクションホールに所蔵されている貴重な輸出モデルや海外生産モデルも新たに撮影して収録しています。

『地球一バイク Honda SuperCub』
ホンダスーパーカブ誕生50周年記念
発行所 株式会社八重洲出版 編集人 打田 稔 発行日 2008年5月28日 初版発行

スーパーカブ誕生50年記念として発行。オフロードバイクの取材を長年行ってきた打田氏による新鮮な視点で捉えたスーパーカブの魅力を満載しています。メーターとエンブレムのコレクションや映画に登場したカブなども紹介しています。八重洲出版ならではの、初代モデルの貴重な試乗記事も掲載しています。

『Hondaスーパーカブメモリアル』
1億台&誕生60周年記念出版
発行所 株式会社八重洲出版 編集人 阪本一史 2017年12月18日 第一刷発行

生産累計1億台のニュースと、新型スーパーカブの詳細を収録。八重洲出版ならではの記事構成で、歴代モデルのエンジン分解写真や、販売店の看板は目を見張るものがあります。カブマニアにとっても、深く掘り下げた記事は納得するものになっています。昭和のイメージを前面に押し出した表紙は、永久保存版の雰囲気を感じさせています。

『スーパーカブを遊び倒せ! Custom&Fan StyleBook』
発行所 株式会社八重洲出版 編集長 益田 満 発行日 2019年10月21日 第一刷発行

スーパーカブを楽しむためのスタイルブック。カスタムからツーリング、そしてオーナーズミーティングの紹介など、多彩な話題が満載。歴代のスーパーカブから、東京モーターショーで公開されたCT125まで、新旧モデルを詳しく紹介しています。

『カブonly』
発行所 株式会社造形社 編集人 原田英里 2015年3月12日 Vol.1発行

第1号から、表紙に歴代の広告をイメージした写真が使われており、表紙を見る楽しみがある本です。現在Vol.5.5まで刊行されており、カブ初心者向けの記事と、マニア向けのカスタム記事が随所にあり、幅広い構成となっています。愛好家に焦点を当てた記事が多く、全編にカブ愛が感じられる本です。

『ホンダスーパーカブコンプリートブック』
発行所 株式会社学研プラス 編集人 松井謙介 2018年10月5日 初版発行

Hondaコレクションホールの歴代モデルの解説から、現行モデルまで幅広く紹介しています。大人の社会見学コーナーでは、郵便配達やマルシンの出前機を漫画も駆使して分かりやすく紹介しています。 第一回カフェカブパーティー北海道の取材も敢行して多くのオーナーと愛車を紹介しています。 スーパーカブ生誕60周年ステッカーを特製付録としています。