MENU

HONDA

検索
ベンリィちゃんと学ぶバイクメンテ
TOPページ >> Flash目次 / HTML目次>> タイヤのコマ漫画 >> タイヤ>> タイヤ(詳細)
タイヤ(詳細)  
 
 
今度はカブ君の番じゃな!
では、タイヤについて、もう少し詳しく話をすることにしよう!
 
  はい、お願いします。
 
タイヤには、大きく分けると2種類のタイプがあるんじゃが、
それぞれのタイヤにはこんな特徴があるんじゃよ!
タイヤの種類
 
  これがトレッドパターンというものですよね!
  ※トレッ ドパターン:タイヤの表面にある溝が模様のように見えますが、この模様のことをトレッ ドパターンと言います。
 
そうじゃな!
ところで、タイヤの溝は何のためにあるか分かるかな?
 
  う〜ん、靴の裏が凸凹になっているのと同じで、滑らないようにするためですか?
確かに、裏が平らな靴は
滑りやすいんじゃが、
雨の日は特に滑りやすく
ないかな!?
 
  はい、確かに・・・
裏が平らな靴は滑りやすい
 
では、なぜ溝がないと滑りやすいのか・・・
それは、溝が水はけの役割をしているからなんじゃよ!
溝あり   溝なし
※イラストはイメージです。   ※イラストはイメージです。
   
  ハイドロプレーニング現象ですね!
そっか!だから、溝が減ったタイヤはこの現象が起きやすいのか!!
  ※ハイドロプレーニング現象:タイヤが水面に浮いた状態になること。  
 
その通りじゃ!
では、トレッドについて分かったところで、この2つについても話をしておこうかの!
 
  サイドウォールとビード・・・??
サイドウォールはタイヤの
横の部分で、走っているときに
一番、伸び縮みする部分
なんじゃよ!
 
  ということは、ショックを吸収する役割をするということですね!
 
そうじゃな!
それから、ビードはタイヤをホイール(リム)
に固定する役割をするものなんじゃ!
  すごく重要な部分なんですね!
ちなみに、ビードのところに
何か入っているように見えるんですが・・・
 
あれは、ビードワイヤーと言って、細いワイヤーみたいなものを何本か
束ねてあるものなんじゃ!
ビードワイヤーはタイヤの骨格を支える背骨みたいなものじゃな!
 
  タイヤの骨格を支える??
 
実はタイヤの中には、タイヤの骨格となるものが入っているじゃよ!
では、タイヤの中身をちょっとのぞいてみるかの〜
バイアス構造/ラジアル構造
  バイアスとラジアルという言葉は知ってたけど、この部分がタイヤの骨格の役割を
しているのは初めて知りました。
ところで、この骨格が違うとどうなるんですか?
 
では、「バイアス構造のタイヤ」と「ラジアル構造のタイヤ」の特徴について
話をすることにしよう!
バイアス構造のタイヤ/ラジアル構造のタイヤ
※タイヤ交換時は、お近くの販売店にご相談の上、指定のタイヤに交換してください。
   
  それぞれのバイクに合ったタイヤを使うことで、快適性や機能性が良くなるんですね!
  そうじゃな!
でも、タイヤがこんな状態になって
いると、その快適性も機能性も
失われてしまうんじゃ!
しかも、こんなことにも
なりかねんぞ!
空気圧が低い
    ※タイヤの空気圧が適正な場合、
タイヤの形状は正常な状態に保たれます。
スタンディングウェーブ現象が起きやすくなる タイヤの両端が摩耗する(タイヤの寿命が縮む)
※イラストはイメージです。 ※イラストはイメージです。
   
  博士!スタンディングウェーブ現象が起きるとどうなってしまうんですか?
高速走行しているときに
起きやすいんじゃが、
ハンドルがぶれたりして、
とても危険な状態になるぞ!
空気圧が低い
   
  高速を走っていて、ハンドルがぶれだしたら・・・
想像をしただけでもゾッとしますね。
それから、空気圧が高すぎても
こんなことが起きる可能性が
あるんじゃぞ!
空気圧が高い
    ※タイヤの空気圧が適正な場合、
タイヤの形状は正常な状態に保たれます。
乗り心地が悪くなる(跳ねる感じ) タイヤの中央部が摩耗する(タイヤの寿命が縮む)
※イラストはイメージです。 ※イラストはイメージです。
   
  空気圧は低すぎても高すぎてもダメということですね!
 
その通りじゃ、カブ君!
だから、日常点検と定期点検はとても大切なんじゃよ!
 
  とても勉強になりました。どうも、ありがとうございました。
 

お手本ベンリィちゃん
お手本ベンリィちゃん
 
※タイヤの日常点検の詳細は取り扱い説明書を参照してください。

 
 
ページの上部に戻る