MENU
HONDA
検索
ベンリィちゃんと学ぶバイクメンテ
TOPページ >> Flash目次 / HTML目次 >>ブレーキレバー/ペダルの遊びのコマ漫画 >>ブレーキレバー/ペダルの遊び
ブレーキ
ブレーキ
ブレーキ液(クラッチ液)
ブレーキレバー/ペダルの遊び調整
カブ君
エンジン
フレーム
電装
定期交換部品
消耗品
その他
 
 
  ブレーキレバー/ペダルの遊び  
       
ブレーキレバーとペダルなら知ってるけど、遊びって何?
    遊びはブレーキになくてはならないものなんじゃが、
その前に、ちょっとドラムブレーキのしくみについて、説明しておこう!
答えるドリーム  
  ドラムブレーキの説明     ドラムブレーキは、タイヤと
一緒に回転しているドラムに
ブレーキシューという板のようなものをギュッと押し付けて、ブレーキがかかるしくみになっておるんじゃ。
 
 
 
博士! ブレーキをかけていないときは、
ドラムとブレーキシューの間には、
常にすき間があるんですよね。
  すき間の説明  
   
    そうじゃな!すき間がないとドラムが回らなくなってしまうからね。
ちなみに、このすき間が『遊び』というものなんじゃよ!
 
  ふ〜ん、これが遊びなのか!!    
   
    ところで、このブレーキシューなんじゃが、実は使っているうちに少しずつ減っていってしまうんじゃよ。    
     
  減っちゃうとダメなの?!    
   
    そうなんじゃ!
ブレーキシューが減ってくると遊びの量が多くなって、
やがてブレーキの効きが悪くなってしまうんじゃよ。逆に遊びがないと
ブレーキが掛かりっぱなしになって、ドラムが焼けてしまうんじゃ!!
 
  え〜っ、こわ〜い!!     ドラムが焼けてしまうと危険  
   
  そんなことにならないように、
遊びの量は、時々点検する必要があるんじゃよ!
  ブレーキレバーの引き具合とブレーキペダルの押し具合をチェックすれば
いいんですよね、博士!
 
   
  遊びの説明  
  アームを押すイラスト     そうじゃな!
あと、必ず最後にアームを押して遊びが
あることを確認するのも忘れんようにな!
 
 
  アームが動き、ブレーキシューが動く仕組み     実は、ブレーキレバー/ペダルはワイヤー
みたいなもので、ブレーキアームって呼ばれるものと繋がってるんだ!!
アームが動けば、ブレーキシューが動く
仕組みになっているから、手で押せる部分が遊びってことになるんだよ!
 
 
  その通りじゃ、カブ君!『ブレーキレバー/ペダルの遊び』は、
ガソリンを入れたときとか、長い距離を走る前とかに点検するんじゃぞ!
(※実施方法は取扱説明書を参照)
 
    わかりました、博士!
日常点検、忘れないようにしま〜す!
 
     
            ブレーキレバー/ペダルの遊びの黒板  
 
ディスクブレーキの場合は
自動調節されるんだよ!
 
   
        ページの上部に戻る