MENU
HONDA
検索

小さなボディ、大きなこだわり ゾクゾクする走り。20年過ぎても人気!

BEAT1991年5月

年代物のカメラのようにいつまでも愛され続ける---。それは秀逸なプロダクトであることの証だといえる。1991年に登場したBEATは、今もオーナーたちがミーティングを開催するなど活動が続けられていて、中古車市場も人気。20年を過ぎた現在(2013年)も、ファンの心を熱くさせ続けている。8,000回転のレッドゾーンまで痛快に吹き上がるエンジン、きびきびとしたハンドリング、爽快なオープンボディというだけではなく、語るべきこだわりがいくつも存在するのが魅力であるといえよう。

まずは、他の軽スポーツのようにハイパワーを得やすいターボエンジンではなく、自然吸気エンジンであること。これはBEATオーナーが誇りとするポイントだ。NSXも扱いやすさからあえて自然吸気エンジンを選択したが、想いはそれと同じ。また、エンジンのハイパワー化のために、何とHonda F1テクノロジーを応用している。F1などのレースエンジンのように、各気筒の吸気口1つに1個のスロットルがついているのだからたまらない(普通は気筒数がいくつであれ、全体で1つのスロットル)。その他にも、走りの性能を突き詰めた結果、前後でタイヤのサイズが異なっている点。お得な"4本セット"で交換タイヤを買えない。そんなところもオーナーのこだわり心をくすぐる。このクルマを振り返るにつけ、次期軽オープンスポーツカーへの期待感が高まっていく。

  • 量産車世界初のミッドシップ・フルオープンモノコックボディを採用。軽量かつ高剛性を実現

  • 5速MT車のシフトストロークはNSXと同じ40mmで、手首で素早いシフトチェンジが可能

  • ステアリングホイールは直径360mmの小径タイプ。ドライバーにゆとりをもたらすため、センタートンネルが25mm左へオフセットしている

  • 量産車世界初のミッドシップ・フルオープンモノコックボディを採用。軽量かつ高剛性を実現

  • 5速MT車のシフトストロークはNSXと同じ40mmで、手首で素早いシフトチェンジが可能

  • ステアリングホイールは直径360mmの小径タイプ。ドライバーにゆとりをもたらすため、センタートンネルが25mm左へオフセットしている

[主要諸元]

車両型式
ホンダ・E-PP1
全長×全幅×全高
3.295×1.395×1.175m
ホイールベース
2.280m
トレッド(前/後)
1.210m/1.210m
車両重量
760kg
乗員定員
2名
エンジン搭載位置・駆動輪
ミッドシップ・後輪
エンジン型式・種類
E07A・水冷直列3気筒横置
燃焼室形式
ペントルーフ形
弁機構
SOHCベルト駆動 吸気2 排気2
総排気量
656(cm3)
内径×行程
66.0×64.0mm
圧縮比
10.0
燃料供給装置形式
電子制御燃料噴射式(ホンダ PGM-FI)
最大トルク
6.1kg・m/7,000rpm
燃料消費率
17.2km/L
クラッチ形式
乾式単板ダイヤフラムスプリング
変速機形式
常時噛合式(後退は選択しゅう動式)
変速比
1速3.428 2速2.166 3速1.576 4速1.172 5速0.941 後退4.300
減速比
5.714
かじ取り形式
ラック・ピニオン式
タイヤ(前/後)
155/65R13 73H / 165/60R14 74H
主ブレーキの種類・形式(前・後)
油圧式ディスク
懸架方式(前・後)
マクファーソン式
スタビライザー形式
トーション・バー式(前)

page top

page top