MENU

HONDA

検索

東京オートサロン2020
Hondaブースリポート

クルマ好きにとって、年頭の「恒例行事」でもあるカスタムカーの祭典「東京オートサロン」が、今年も1月10日(金)から1月12日(日)の3日間にわたって、千葉県の幕張メッセで開催されました。
今回のHondaブースはニューカラーのNSX、マイナーモデルチェンジを果たしたCIVIC SEDAN/CIVIC HATCHBACKと今年の夏にマイナーモデルチェンジを予定しているCIVIC TYPE R、そしてS660と、多彩なモデルが出展され、さらに広がるHonda Sportsの世界を感じさせる展示となっていました。ブースの模様を写真でご紹介します。

シビック TYPE R

ひときわ注目を集めていたのは、この東京オートサロン2020でワールドプレミアを果たした「シビック TYPE R」。スタイリングもより洗練された印象ですが、もちろんその真価は「中身」にこそあります。開発責任者の柿沼秀樹に聞いてみました。

──どのあたりが進化したのでしょうか?

柿沼

柿沼:「走る」「曲がる」「止まる」すべてを進化させました。スポーツカーとして進化し続けるべく、細部に至るまでのバージョンアップを図りました。通常の「マイナーチェンジ」を超えたマイナーチェンジだと思っています。

──具体的にはどのような?

柿沼

柿沼:私たちの想像以上にこのクルマでレースやサーキットを楽しんでいただいているお客様が多いことも考慮し、フロント開口部の面積を広げて、冷却性能をアップ。圧倒的なパワーを、より安定的に使えるようにしました。
サスペンションは、細部をブラッシュアップするとともに制御のロジックを変更して、フロントが吸い付くような操舵安定性を高めています。ブレーキもツーピースのディスクを新採用です。サーキットをハードに攻めてもブレーキフィールの変化が少ないだけでなく、ばね下重量も軽くなって運動性能向上にも貢献しています。

「マイナーチェンジを超えたマイナーチェンジ」。新しいシビック TYPE R、デビューは2020年夏の予定。実際に走らせるのが楽しみです!

NSX

NSXは、初代の「インディイエロー・パール」にインスパイアされたニューカラー「インディイエロー・パールII」のモデルを出展。2019年5月に加わった「サーマルオレンジ・パール」に続く“エキサイティングカラーシリーズ”の第2弾。

S660

こちらは、マイナーチェンジを果たした「S660」。ニューカラーのアクティブグリーン・パールをラインアップに加えたほか、薄型ドアミラーには新たにウインカーをビルトインし、ホイールのデザインも一新。ステアリングやシフトノブにもアルカンターラを採用して質感を追求しています。

N-ONE

ブースにはもう一台、魅力的な軽自動車のスポーツモデルの姿が。それが、「N-ONE Café Racer Concept」。なんと、6速マニュアルトランスミッションを搭載しています。インパネから伸びるシフトノブは操作感も良好で、MT派の熱い視線を集めていました。

その他のコンセプトカー

  • FREED Modulo X Concept 2020(左)と、FIT Modulo X Concept(右)。

  • FIT Modulo X Concept

  • FREED Modulo X Concept 2020

  • MUGEN S660 Concept(用品装着車)

  • MUGEN FIT Prototype(用品装着車)

  • MUGEN FIT Prototype(用品装着車)

page top