MENU

HONDA

検索

Honda SPORTS

CROSS TALK 村澤明伸×設楽悠太

陸上を始めたきっかけと兄の存在

村澤

僕が陸上を始めたのは中学1年生の時。一番上の兄が陸上を始めて、それに遊び半分で付き合うようになったのがきっかけだったけど、設楽くんの場合も、双子のお兄さん(啓太・埼玉陸協)の影響が大きかったとか……。

設楽

僕は小学6年生の時から始めたのですが、兄の影響で始めたというよりも親の勧めでした。地元に陸上教室があったのですが、僕はそんなに走るのが好きじゃなかったんです。無理やりやらされた感があったので、そんなに本気でやっていませんでしたね。毎回、適当にやっていたから、コーチからは怒られてばっかりでした(笑)。 
小学校の時は短距離がメインで、中学から本格的に長距離の練習を始めてから、少しずつですけど力が付いてきました。それでも、高校に入ってからも兄には全然届きませんでした。でも、あいつがいたおかげで、僕もここまで本気になれました。

村澤

僕も、自分が競技をしていく上で、家族の存在はすごく大きい。兄がいなかったら、どうなっていたか分からないし、今も一番応援してくれていると思ってる。

設楽

僕は、たぶん双子じゃなかったら、途中でやめていたと思いますね。今は試合で結果を残せた時は、本当にやっていて良かったなと思います。ただ、本音を言えば、練習は全然楽しくないですし(笑)、なんでこんなに走っているんだろうって思うことも多いですけど。

村澤

僕は、陸上競技のない生活を送ったことがないので、そこに、「楽しい」「楽しくない」という感情がそもそも無いかな。“走っていて、何が楽しいの?”とか“何を考えているの?”と、よく聞かれるけど…

設楽

聞かれますね。困りますよね。僕の場合は、距離のことしか考えません。“あと何㎞”とか。だから、練習の30㎞走とかは、アップの前から……。

村澤

テンションが低い?(笑)

設楽

低いです。しゃべらないです。

村澤

双子の兄弟の関係がすごく興味があるんだけど、なんて呼んでいるの?

設楽

下の名前ですね。

村澤

仲は良いの?

設楽

悪くないほうです。

村澤

良くもないってこと?(笑)

設楽

学生の時は、集団で行動することのほうが多かったんですけど、社会人になってからは、二人で食事に行ったり、出かけたりすることが多くなりました。

村澤

食事の時は割り勘?

設楽

いや、男気です。ジャンケンです。勝ったほうが払う!

村澤

僕も兄弟の仲はいいよ。兄が二人いて、二人とも長野にいるけど、電話をしたら30分くらい話をすることもある。相談事もするしね。

設楽

食事の時などの話題はくだらないことばかりで、陸上の話はほとんどしません。あいつには、本当に何でも話していますね。

村澤

好きな人のタイプとかは重ならない?

設楽

全然重ならないですね。

村澤

へえ〜。面白い!

2020年はマラソンで!?

村澤

初マラソンが、たまたま同じ時期(村澤は今年3月のびわ湖毎日マラソン、設楽は2月の東京マラソン)だったけど、このタイミングでマラソンを走ろうと思ったのはどうして?

設楽

去年、オリンピックを経験して、正直、トラックでは勝ち目がないなと思ったんです。だって、世界のトップ選手の1万mのラスト1周のタイムは、僕が400mを本気で走ったタイムよりも速いから(苦笑)。
ただ、マラソンだったら、少しは勝負できるかなと思っていたので、まずはマラソンを1本走ってみて、どんな感じなのかを掴みたかった。だから、リオデジャネイロ・オリンピックが終わって、東京マラソンを走りたいと監督に伝えました。ただ、2020年の東京オリンピックのことまでは考えていませんでしたが。

村澤

設楽くんの東京マラソンは、ネットで通過タイムをチェックしていたんだけど、前半からかなり積極的なレースをしてたよね。レースの具体的なイメージはあった?

設楽

そんなにイメージはなかったんですが、マラソンにはペースメーカーがいるので、付いていけばいいかな、と考えていました。ですが、東京マラソンのペースメーカーは3つに分かれていて、2つ目のペースメーカーに付いていこうと思ったんですけど、うまく機能しなくて、終始1人で走ることになりました。
けれど、一人であれだけ前半を突っ込めたことは収穫でした。後半はもっとペースが落ちると思っていたのですが、まとめられたと思っています。2時間10分切りが目標だったので、最低限の目標が達成できたのは良かったです(結果は、2時間9分27秒で11位)。

村澤

途中で「これはロンドン(世界陸上)に行ける!」と思わなかった?

設楽

正直、ハーフを通過した時点で、僕の中では……

村澤

決まった!と思った?

設楽

1億円(日本記録を樹立した時に日本実業団連合から支給される報奨金)がもらえる! って思いましたね(笑)。

村澤

(笑)

設楽

沿道からの応援でも「1億円もらえるぞ!」という声も多かったですから(笑)。30㎞過ぎからは日本記録が厳しくなりましたが…。
15㎞ぐらいでは、先頭と50mくらいの差に縮まっていたのに、そこからうまく縮められず、中途半端な差になってしまった。一人で走って先頭集団に追いつく難しさを思い知らされました。あとは、後半のスタミナ部分に課題が残ったし、そこをうまく克服できれば、あと、2、3分はタイムを縮められると思います。

村澤

僕も、びわ湖では終盤をカバーしきれなかったからなあ……。

設楽

それと、オリンピックを経験させてもらったことも、今回の東京マラソンには生きたと思います。全然勝負はできなかったけれど、もしオリンピックに出ていなかったら、もっと後ろの集団で走っていたと思います。
1㎞3分ペースで押していければタイムは2時間6分台ですが、今はスピード勝負になってきています。オリンピックなどの世界大会で、日本人は集団の中でレースを進め、後半追い上げるというパターンが多いと思いますが、これでは今の世界では勝ち目がありません。だから、自分の持ち味を生かして、ハイペースで押していこうと考えていました。オリンピックの経験があったから、マラソンで攻めの走りができました。

村澤

僕はレース直後、体へのダメージが大きかったけど、設楽くんはどうだった?

設楽

ダメージは思っていたほどではなかったです。マラソンを走った日の夜に焼肉を食べに行きましたし、マラソンが終わって1週間は走らないと決めていたので、それでうまく疲労が抜けて、4月からのトラックレースにいい流れで入れました。

村澤

2020年のことはまだ分からないと言っていたけれど、やはりマラソンで東京オリンピックを目指すことになる?

設楽

そうですね。マラソンで勝負したいという気持ちはあります。でも、まずは目の前の目標を1つひとつクリアしていくことから、やっていきたいと思います。

村澤 明伸

日清食品グループ陸上競技部
出身地:長野県
出身校:佐久長聖高校〜東海大学
生年月日:1991年3月28日

設楽 悠太

Honda陸上競技部
出身地:埼玉県
出身校:武蔵越生高校〜東洋大学
生年月日:1991年12月18日