MENU
HONDA
検索

Honda SPORTS

対戦結果

対戦結果

第44回社会人野球日本選手権大会

2018年11月3日(土・祝) 18:00
試合会場:京セラドーム大阪

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda鈴鹿 0 0 0 4 3 0 0 1 2 10
沖縄電力
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
バッテリー Honda鈴鹿 沖縄電力
投手:平尾、竹内、柳澤、國岡、滝中
捕手:柘植、西川
投手:伊波伸、内間敦、川満寛、狩俣、伊波翔、平良成
捕手:山川
二塁打柘植2、松本桃、田中、古本
三塁打中村
本塁打

第44回日本選手権本大会初戦。対戦相手は沖縄電力。Honda鈴鹿先攻で始まった試合、3回まで初戦の硬さからなのか相手投手にノーヒットに抑え込まれる。先発の平尾は、相手投手とは対照的に自分の投球が 中々出来ずピンチを作るがなんとか1.2回は無失点で切り抜ける。しかし、3回裏一死から連続ヒットを浴び一死1.2塁のピンチをまねくと続く打者には死球を与え ここで先発の平尾はマウンドを降り竹内に後を託す。内野ゴロの間に1点奪われ0-1と先制点を許すが1失点でこの回は切り抜ける。
4回表、鈴鹿打線の 2巡目でようやく本来の姿を取り戻し、先頭の1番西村がヒットで出塁すると、2番安慶名は凡退し一死2塁のチャンスで3番松本(桃)のライト前への タイムリーヒットで1-1の同点とすると4番畔上もヒットでつなぎ一死1.2塁から5番柘植がレフトフェンス直撃のタイムリーヒットを放ち2-1と逆転すると6番金子 の犠飛で3-1、そして二死3塁から7番中村のレフト前へのタイムリーヒットで更に追加点をあげ4-1となり優位な展開となる。
5回表にも、3番松本(桃)、 4番畔上の連続タイムリーと相手エラーで7-1となる。
投手陣は、竹内が好投を見せその後、柳澤も一回をきっちり3人に抑える。すると9回表、代打出場の 田中がタイムリー2塁打を放つと守備から出場する古本もタイムリー2塁打を放ち10-1と大量リードで最後は瀧中がランナーを出すものの3つのアウト全て 三振を奪いゲームセット。

第44回社会人野球日本選手権大会
第44回社会人野球日本選手権大会