MENU

HONDA

検索

Honda SPORTS

対戦結果

対戦結果

第90回都市対抗野球大会 東海地区二次予選

2019年5月22日(水) 10:00
試合会場:岡崎市民球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Honda鈴鹿 0 1 0 0 3 0 0 0 0 4
東邦ガス
0 2 0 0 0 0 1 0 2x 5
バッテリー Honda鈴鹿 東邦ガス
投手:瀧中、平尾
捕手:柘植
投手:小椋、屋宜
捕手:柴田
二塁打中村
三塁打松本(桃)
本塁打

本日は第90回都市対抗東海地区二次予選。対戦相手は東邦ガス。

Honda鈴鹿先攻で始まった試合、東邦ガスのエースに初回は三者凡退に抑えられる。しかし、2回表4番畔上がヒットで出塁すると、続く5番柘植もヒットでつなぎ無死1.3塁のチャンスを演出する。

ここで6番金子が追い込まれながら犠飛を放ち1-0と先制点を奪う。先制点を奪ったのもつかの間、2回裏の東邦ガスの攻撃、先頭の6番打者の打球をファースト庄司がエラーし無死1塁と出塁を許す。続く7番には四球を与え無死1.2塁となり8番に犠打を決められ一死2.3塁のピンチ。続く9番に死球を与え一死満塁のピンチで1番は三振に抑え二死満塁までたどりつくが、続く2番に2点タイムリーヒットを浴びすぐさま1-2と逆転される。

瀧中は3回からは粘りの投球を見せ、2回以降は相手打線を寄せ付けない。すると鈴鹿打線が5回表に爆発する。先頭の7番中村が2塁打を放ち出塁すると、続く8番庄司がライト前へタイムリーヒットを放ち2-2の同点に追いつく。まだ攻撃は続き、9番西村が犠打を決め一死2塁のチャンス。1番安慶名は凡退するが2番照屋に代わり代打新人の長野が四球を選び二死1.2塁のチャンス。ここで3番松本(桃)がセンターオーバーの2点タイムリー3塁打を放ち4-2と逆転に成功する。

このまま勝ち切りたいところだったが東邦ガスも簡単には終わらせてくれない。7回裏、相手9番にヒットを浴び後続は抑え二死2塁とするが、3番にタイムリーヒットを浴び4-3と追い上げられる。8回のマウンドには瀧中に代わり平尾が上がる。

二死まで簡単に取るが、7番に2塁打を浴び8.9番に連続四球を与え二死満塁のピンチ。続く1番にカウント3ボール2ストライクとなり最後は何とか三振に抑え絶体絶命のピンチを切り抜ける。

そして最終回をむかえる。相手2.3番をリズム良く抑え二死となりあと一人の場面から4番に2塁打を浴び5番には四球、6番にヒットを浴び8回同様二死から二死満塁となる。

あと1アウト取ればゲームセットというところだったが7番に初球を打たれその打球は2点タイムリーヒットとなりゲームセット。4-5で敗戦となり初戦を勝利でスタートすることはできなかった。