MENU
HONDA
検索




13:32 4人の歴代社長が2輪と4輪を操りグランドスタンドに
ホンダ50年の歴史を築いてきたそれぞれの社員の代表として、歴代の社長がそれぞれ2輪車、4輪車を運転してグランドスタンドに登場しました。河島2代目社長は『ドリームE型』で、久米3代目社長は『S800』、川本4代目社長は『Steed』、そして吉野現社長が運転するのは、きょう世界で初めて皆さんの前でその走りを披露するFRタイプ2シーター『S2000プロトタイプ』です。

QuickTime:171Kbyte

QuickTime:190Kbyte
去る9月24日のホンダ創立記念日に発表された『S2000プロトタイプ』は、これからの時代のクルマづくりに賭けるホンダの挑戦を最も熱く語るスポーツカーなのです。
※S2000プロトタイプ



13:33 4人の歴代社長がステージに並びます。
ステージ右から、2代目社長の河島さん、3代目社長の久米さん、4代目社長の川本さんです。そしてホンダ全社員を代表して吉野現社長が50年の感謝を込めて皆さんにごあいさつを申し上げます。



13:40 吉野社長から皆様へ感謝のごあいさつ
「本日は皆様ご来場いただきありがとうございました。おかげさまで私どもホンダは、先月9月24日をもちまして創立50周年を迎えることができました。皆様方のご支援にあらためて御礼を申し上げます。ありがとうございました。(以下省略)」と感謝の意を述べました。



13:42 もてぎの空にロケットが発射されました!!
吉野社長が舞台に登場したもう1体のP3からロケット発射スイッチを受け取り、スタンドを埋め尽くした観客の皆さんのカウントダウンによってロケット発射!!
このロケットは日本でただ一つ民間団体としてロケットを打ち上げる資格を持つ日本モデルロケット協会のご好意で、ホンダ創業50周年のイベントに華をそえる意味で打ち上げられたものです。発射されたロケットは美しい噴射煙を残して大空に吸い込まれていきました。

QuickTime:237Kbyte




QuickTime:712Kbyte
13:43 P3から吉野社長にペナントが手渡されます・・・。
当日のパレードのシンボルである「パレードペナント」がP3の手から吉野社長に手渡されようとしたその時・・・五万人の大観衆を前にして緊張してしまったのか、P3はペナントを握ったままなかなか手放そうとしません!!
吉野社長とスタッフに促されるようにして、ようやくペナントを渡してくれました。こんな、ちょっとしたハプニング(演出?)も逆に式典を盛り上げてくれたのでした。



13:45 レイナードホンダR97Iがオーバルコースを疾走!!
さあ、いよいよ50周年記念パレードの開始です。吉野社長から『レイナードホンダR97I』を操る服部尚貴さんに「パレードペナント」が手渡されました。そして、吉野社長のパレード開始宣言とともにマシンが観客の声援のなかオーバルコースを疾走しました。

QuickTime:762Kbyte



インデックスページへ

HONDA HomePage創50 TopPage創50 IndexPage