MENU
HONDA
検索


ツーリングカー|F2,F3000|新世代F1旧世代F1


F2,F3000


QuickTime:517Kbyte
15:40 続いてはF2、F3000マシンの華麗なる共演です。
最初にコースに登場したのは、日本人初のフルエントリーF1ドライバーの中島悟さんがドライビングする『ラルトホンダRT20』です。中島さんはこのマシンでヨーロッパF3000に挑戦したのは1986年のことでした。
※『ラルトホンダRT20』



15:43 ヨーロッパF2で開幕6連勝を演じた『ラルトホンダRH−6−84』
1984年のヨーロッパF2で開幕戦から6連勝、ホッケンハイムのレースではタイヤのバーストなどがあり連勝記録は途絶えたものの、その後も3連勝を果たすなど圧倒的な強さを見せたマシンです。ドイライバーは1984年にヨーロッパF2でシリーズ7勝を挙げたマイク・サックウェルさんです。
※『ラルトホンダRH−6−84』




QuickTime:425Kbyte
15:45 破竹の11連勝を記録したF2マシン『ブラバムホンダBT18』
1966年、F2参戦2年目のホンダが『ブラバムホンダBT18』に搭載したエンジンは、圧倒的な早さで11連勝を飾り、その年のF2タイトルを獲得しました。本日のドライバーであるジャック・ブラバムさんは、1959〜1960年、1966年の3回F1ドライバーズチャンピオンに輝きました。
※『ブラバムホンダBT18』



15:50 爆音を上げてのフォーメーション『ラルトホンダRT20』『ラルトホンダRH−6−84』『ブラバムホンダBT18』のグループ走行。

QuickTime:459Kbyte



インデックスページへ

HONDA HomePage創50 TopPage創50 IndexPage