MENU

HONDA

検索



1981 / ホンダ CX500 ターボ
国内向けGL500、輸出名CX500をベースに開発、世界初のターボチャージャー装着の量産車。1000ccに匹敵の高出力82PSを発揮、'80年代の最先端マシンだった。


エンジン種類水冷4サイクル80°V型2気筒OHVターボチャージャー付
排気量496.9cm3
最高出力82PS / 8,000rpm
最大トルク8.1kgm / 5,000rpm
車両重量239kg
フレーム形式ダイヤモンドスチールパイプ
サスペンション(前)テレスコピック
サスペンション(後)スイングアーム(プロリンク)

本田技研工業株式会社 東京都港区南青山 2-1-1
All Rights Reserved by HONDA MOTOR CO.LTD. 無断転載を禁止します。
このコンテンツは日本国内向けの情報です(ENGLISH PAGE以外)。
These home page contents apply to the Japanese domestic market only.